ぽっこりお腹の原因

ぽっこりお腹の原因なんですが、私がこれまで対応してきた範囲で書いてみたいと思います。

 

★基本的に3つ。

・脂肪によるぽっこりお腹。

・内臓下垂によるぽっこりお腹。

・便秘によるぽっこりお腹。

 

これらが2つ重なっているケースもあれば3つ重なっているケースもあります。

その解決方法ですが、

 

●脂肪の場合

運動により脂肪を燃焼させる

食生活を改善して体重そのものを落とす

キャビテーションにより直接脂肪にアプローチする

 

●内臓下垂の場合

手技により下垂を改善する

運動により下垂を改善する

 

●便秘の場合

食生活を改善する(食物繊維・水分等)

運動をする

薬を飲む

腸もみの施術により腸の動きをよくする

 

どれにも共通するのが運動と食生活の改善です。

まずはこの二つを実行するとぽっこりお腹の改善に近づきます。

 

そして、出産した場合はもう一つ決定的な事が追加されます。

 

妊娠中に大きくなったお腹はお腹の筋肉が伸びきってしまうという事です。

 

伸びてしまったお腹は今迄内臓を支えていた筋肉が伸びてしまうことで内臓下垂が必然的に起こります。

腹筋が減る事で排便も、りきむことが出来ずに便秘が悪化します。

筋肉代謝も減るので脂肪が燃焼されません。

 

これらを考えると産後のぽっこりお腹にはインナーマッスルと言われる腹筋を回復させることがまずは必要なのがわかると思います。

 

こう書くとすごく大変な事だと感じるかもしれませんが、実際は軽い運動でも改善させることができますし、こちらでもご指導させて頂いております。

 

まとめますと、骨盤矯正(産後骨盤矯正含む)腸もみ(キャビーテーション含む)での手技と、運動・食生活の改善との複合技でぽっこりお腹を解決するのが本道となります。

 

特に産後骨盤矯正ですと、元々お腹がスリムで産後にぽっこりになったケースでは手技でお腹を凹ますとお腹に意識が戻ってその場で元通りのお腹になることもあります。