野口整体式体癖体操

ユーチューブでの画像が悪いので詳細は以下でご確認ください。

 

不眠に効果的な自力整体(セルフケア)

野口整体には体癖(たいへき)という考え方があります。

 

二宮整体では体質という言い方をしていましたが野口整体でも体質と言ったり色々な言い方をして体癖となったようです。体癖は野口晴哉氏は一代では終わらないからのちの研究は後世にたくすとまで言っていました。

 

実際には「体量配分計」で身体のバランスを計らないと正式な癖はわからないのですが、現在は勝手に独り歩きをして体癖が語られています。

 

***********

 

その中でも上下型1種2種というものがあり、その上下型1種2種の偏り疲労を直すための体操が不眠にはうってつけだと普段から思っていましたのでここでご紹介したいと思います。

2種の体操も同様に効果的ですがここでは1種をご紹介します。

 

普段からなかなか寝付けない、寝る時に色々と考えてしまって布団に入っても1時間2時間起きているといった方には最適なセルフケアになると思います。

 

常に何かを考えている、考えなくてもいい事を考えて頭が疲れている。

 

人からああいわれたらこう言おうとあらかじめ言葉を考えたり、食べ物を栄養としてとらえ体に良いからこれを食べるといった人、そして嫌なことがあると胃が痛くなる人が上下型になります。

 

***********

 

まずは準備運動です。

 

仰向けで寝て、落ち着いたら

 

息を大きく吸います。

 

息を吸いきったら息を吐きます。

 

息を吐きながら頭の後頭部と肘と踵を支点として腰を浮かします。

 

ある程度息を吐ききったら、ポンと力を抜きます。

 

少し息を整えます。

腰を浮かす

この体操ですぐにあくびがでるようならば、それだけでも効果はあります。また自分にはこの体操との相性が合ってる目安になります。

 

 

次はメインの体操です。

 

息が整ったら、

 

息を大きく吸います。

 

息を吸いきったら息を吐きます。

 

その時にアキレス腱が伸びるように足の甲を背屈して踵を突き出し、踵を少しだけ浮かせます。

 

ある程度、息を吐ききったらポンと力を抜きます。

 

少し息を整えます。

踵浮かす

この体操は1日一回とされています。

 

うまく出来なくてもやり直したりしない事です。

 

また次の日に行って下さい。

 

ポンと力を抜くというのは脱力することです。これは何回かしているうちにうまく出来るようになります。

 

自分にこの体操があっているかあっていないかの目安はあくびが出るかでないかだと思います。

 

私はこの体操をしているのを考えるだけであくびがでます。

 

体癖によって個人差がありますが、効く人には抜群に効果を発揮します。

 

眠れない

整体としての肝(キモ)

肘、踵とアキレス腱というのは、頭(大脳)に関係していると考えられています。

 

野口整体では小説家とかは頭が疲れて良い案が浮かばなくなると、桶に熱いお湯を張って肘を入れて休むと頭の疲れがとれると昔からいわれています。

 

またアキレス腱は踵に付着しているので同等に考えていますが、精神的の事やイライラ、考えすぎているとアキレス腱がパンパンに張ります。

私なんかは、まずはアキレス腱を確認してストレス系からくる不調なのか推測する判断材料にしています。

 

なのでこの体操は非常に整体的に理にかなった体操となります。

 

ぜひやってみて下さい。