足つぼ/フットリフレクソロジー

足つぼを施術中/金沢市整体院ほしみぐさ

足つぼ/最初は足湯に入って頂きます。

 

落ち着いた時間を過ごしたい、心も体も癒されたい。

 

「あー疲れた・・・」

 

情報だらけでストレスの多い現代社会で暮らす私たちはそう感じる事が多くなりました。

 

そんな中、リラクゼーション効果があり体も心も健やかにする足つぼ(フットリフレクソロジー)が注目を集めています。

 

足つぼは足にある全身の部位と対応した反射区を刺激することで内臓に活気をもたらし血行の流れをスムーズにして体のバランスを整えるというものです。

 

またリラクゼーション効果が高いので副交感神経優位にもなり自律神経の安定にも一役買います。

 

金沢市の整体院ほしみぐさでは英国式フットリフレクソロジーをベースとした手技を行っていますが一般的には足つぼと表記した方が馴染み深く言いやすいので足つぼという言葉を主に使わせて頂いています。

 

 

足つぼ反射区療法とは

足つぼマッサージ

当院の足つぼは英国式フットリフレクソロジーがベースとなっており、巷によくある痛いだけの足つぼとは全く種類の違うものです。

 

足つぼは気の流れを良くするだけでなくリンパや血液の流れも改善します。

 

その結果本来持っている自然治癒力を高め不調の改善や予防にもなりますので痛いというだけでその効果は薄れてしまいます。

 

足つぼは薬のように副作用もなく昔から世の中に定着した安心な手技療法です。

 

特に足裏は重力の関係から老廃物が一番溜まりやすくなっている為、健康や美容が目的ならばまずは足裏から元気にする必要があります。

 

欧米では通常医療を補う代替医療のひとつとして病院などでも取り入れられているほど信頼性の高い技術です。

 

また近年では医療・介護の現場でも[メディカルリフレクソロジー]として病気やけがの治療・予防を目的として取り入れる動きもあり、今後さらに期待される施術法となっています。

 

 

足つぼをしてはいけないとき

●お酒をのんでいる時

●熱がある時

●伝染病や感染症の時

●生理の三日目まで

●ひどい静脈瘤の時

 


足つぼ 料金

■55分コース

50分(ふくらはぎまで)+ 足湯5分

¥3,500 

 

初回の施術では反射区の説明をしながら施術いたします。  

 

・足つぼは女性限定です

・安定期に入っていれば妊婦さまでも55分コースは受付可能です

・お子様同伴不可

・2名同時の施術は不可となっています

 

足つぼは女性フットセラピストが施術します。

足つぼは女性(副院長)が担当します
足つぼは女性(副院長)が担当します

気持ちのいいほどよい刺激です

 

★女性セラピストのおススメは 

「足つぼ」と「もみほぐし」がセットになった

 

→ セットコース 85分


足つぼ反射区説明

足つぼ反射区説明図/金沢市足つぼほしみぐさ専用説明図
これで貴方も足つぼ博士ちゃん♪

 

◆当院の足つぼは一つ一つの反射区の意味を考えて施術していきます。

 

腎臓

足つぼでは代表的な反射区。

血液から老廃物を除去し、体内の余分な水分を排出をコントロールしています。

肝臓が悪いと、顔が黒ずむ・フケが出る・足が臭い・シミそばかす・ニキビができやすくなります。

 

<チェックポイント>

むくみ・発疹・関節炎・リウマチ・水虫・結石

 

輸尿管

輸尿管がつまると腎臓から膀胱への尿の流れが阻害されるので腎臓に毒素や水分がたまります。

炎症が起きると下腹部が陣痛のように痛みます。

 

<チェックポイント>

尿肝炎・関節炎・高血圧・動脈硬化

 

膀胱

膀胱が弱いとおしっこに勢いがない、残尿感という自覚症状が出ます。よくもめば自然に改善しますのですぐに薬に頼るような事はしないで下さい。

 

<チェックポイント>

膀胱炎・頻尿・高血圧

 

前頭洞

前頭洞はおでこの眉毛にかかる前頭部にある空洞です。

この反射区と上顎洞は副鼻腔と言われていますがこれら汚れが溜まると風邪をひきやすくなり最後には蓄膿症になります。

前頭洞と大脳の反射区に汚れが溜まると言語障害を起こしやすくなり、記憶力も弱ってきます。

 

<チェックポイント>

頭痛・脳卒中・不眠症・蓄膿症

 

大脳

感覚中枢、運動中枢、人間らしい精神活動を行うためのコントロール室です。

大脳の反射区に汚れが溜まると生殖器の反射区にも汚れが溜まりやすくなります。この両方に汚れが溜まると記憶力が衰えていくら勉強しても覚えられないという事になります。

 

<チェックポイント>

頭痛・脳血栓・脳性まひ・視覚障害

 

脳下垂体

内分泌機能(甲状腺・副甲状腺・副腎・脾臓・生殖器・リンパ腺)の総司令部です。

ホルモンを分泌して、皮膚・筋肉・乳房・内分泌機能にホルモンを供給します。

 

<チェックポイント>

発育不全・痩せ過ぎ・不妊症・不感症

 

三叉神経

顔面神経をコントロールしています。

右の顔面は左足の反射区に、左の顔面は右足の反射区に現れます。

 

<チェックポイント>

顔面神経痛・偏頭痛・頭重

 

小脳・脳幹

この反射区に汚れが溜まると運動神経が鈍ります。

首が痛むときも小脳脳幹の反射区をもみほぐすと効果があります。

 

<チェックポイント>

脳震盪・不眠症・めまい

 

頸部

首から肩にかけてコリがある時はこの反射区をよくもみます。

靴がきついと反射区にしこりができ、血液循環がますます悪くなり肩こりや高血圧に悩まされます。

 

<チェックポイント>

高血圧・肩こり・首こり

 

副甲状腺

副甲状腺が弱るとカルシウムの吸収が悪くなり血液中のカルシウムバランスが崩れそれを補おうと骨からカルシウムが溶け出して血液に入ります。

それで骨が弱くなり一番重力がかかる腰が悪くなります。ヘルニアなどはこのことが原因になっていることがあります。

 

また副甲状腺が弱ると過敏症になり痙攣をおこします。車を運転している時に急に障害物が出てくると緊張から痙攣を起こし事故につながります。

 

<チェックポイント>

骨折・爪がもろくなる・手足が冷える・嘔吐・白内障・偏頭痛

 

扁桃腺

扁桃腺はリンパ組織の集まりで細菌の感染から身体を守る器官。

扁桃腺を取ってしまうとのどが細菌の温床になり病気になりやすくなります。

 

<チェックポイント>

扁桃腺炎・化膿・感冒

 

甲状腺

体の機能を正常に維持するのに必要な甲状腺ホルモンを分泌します。

甲状腺機能が亢進するとよく食べるのに体重が減ったり、脱毛したり、情緒不安定になります。

甲状腺機能が低下するとあまり食べていないのに肥満し、皮膚が乾いて艶を失い、無気力になって動作が鈍くなります。

 

<チェックポイント>

バセドウ氏病・橋本病・甲状腺肥大・肥満・痩せ過ぎ

 

食べ過ぎて胃袋がはると横隔膜が上の方に圧迫されて心臓の動きに影響します。

夜寝る時にいつも胸がドキドキする場合は食生活を改善することで治まってきます。

 

<チェックポイント>

胃痛・腹部膨満感・嘔吐

 

すい臓

消化酵素のすい液を分泌します。すい液が不足すると消化不良・新陳代謝障害を起こします。

またインシュリンとグルカゴンというホルモンを分泌し血糖値を一定に保って健康を維持します。

すい臓が弱り腎臓も弱ってくると糖尿病になります。

すい臓の反射区にしこりがあり痛む場合は糖尿病の始まりと考えますますので足つぼで良くもみほぐすことで改善します。

 

<チェックポイント>

糖尿病・すい臓炎

 

十二指腸

胃酸で酸性になった食物を中和し、消化吸収を高めます。

 

<チェックポイント>

十二指腸潰瘍・消化不良・胆汁の分泌障害腹部膨満

 

腹腔神経叢

ストレスによる刺激を受けやすい神経系。

ココが弱ると消化液の分泌が不正常になったりめまいを起こしたりします。またイライラして怒りっぽくなります。

家庭不和や金銭的な問題があるとこの反射区が痛みます。

うるさい姑さんはたいていこの反射区が痛むはずなのでそれとなく足つぼを勧めて下さい。うるさいのが治まるはずです。

 

<チェックポイント>

神経性の胃腸病・下痢・めまい・精神不安定

 

副腎

消炎機能と副腎皮質ホルモンを分泌して心臓の脈拍を整える機能があります。

副腎が弱るとホルモンによる刺激も弱くなるので心臓の働きが鈍くなり不整脈になります。

 

<チェックポイント>

不整脈・痙攣・昏睡・リウマチ・関節炎・喘息

 

心臓

左足に反射区があります。

深部にあるので少し強めにおさえます。

心臓が悪いと舌が赤くなり脈拍がおかしくなります。

 

<チェックポイント>

心臓肥大・狭心症・呼吸困難・心筋梗塞

 

脾臓

循環器系をコントロールしていて、脾臓が弱ると高血圧低血圧の症状が現れます。

唇が黄色っぽくなったり筋肉に弾力がなくなります。

 

<チェックポイント>

貧血・抗体減少症候群・刺すような痛み・食欲不振

 

肝臓

新陳代謝を行って、解毒したり血液や栄養をたくわえたりします。

肝臓が弱るというのは、まず肝臓が弱って汚れの排泄が不完全になり、取り除かれなかった汚れが血液によって運ばれて肝臓にたまることが原因。

 

<チェックポイント>

黄疸・肝炎・肝硬変・慢性疲労

 

胆のう

右足に反射区があります。

胆のう炎は胆のうと十二指腸の反射区をよくもみ食習慣を改善すれば改善します。

 

<チェックポイント>

胆のう炎・胆結石・消化不良

 

小腸

食物を消化吸収する器官。

小腸の反射区がパンパンに張っている人は栄養吸収が悪くなっています。

慢性の下痢をすると栄養吸収がよく行われないために老化が早まり脱毛・疲労・低血圧などが起きます。

 

<チェックポイント>

腸炎・下痢・老化・疲労・低血圧・ガスで腸が張る

 

結腸(大腸)

大腸は水分を吸収します。

女性に便秘が多いのは水分の取り方が少ないケースが多く見受けられます。

 

<チェックポイント>

腹痛・便秘・下痢

 

回盲弁

小腸と大腸のしきりの役目をし、大腸の便が小腸に逆流しないようにしています。

回盲弁に障害が起きると便が小腸に逆流しガスを発生して下腹部が張り疼痛が起きます。

 

<チェックポイント>

腹痛・可腹部膨満感

 

盲腸(虫垂)

盲腸は小腸と大腸の境にある袋状の管でその末端から虫垂が出ています。

虫垂はリンパ管の役目をして回盲弁を保護しているので虫垂が弱ると回盲弁が炎症を起こします。4すると大腸の内容物が小腸に逆流して腹痛を起こします。

 

<チェックポイント>

虫垂炎・可腹部膨満

 

生殖腺

男性は睾丸と精嚢、女性は卵巣と輸卵管の反射区になります。

 

<チェックポイント>

男性-睾丸充血・インポテンツ

女性-生理痛・生理不順・不妊症・嚢腫・不感症

 

子宮・前立腺

女性の子宮は胎児を育む場所であり全女性の大切な場所です。

 

<チェックポイント>

男性-前立腺肥大・排尿困難

女性-子宮筋腫・生理痛

 

声帯・喉

-

<チェックポイント>

声量・発声・咳

 

胸部

脳下垂体と連動しており乳房の発育に関係します。

 

<チェックポイント>

しこり・嚢腫

 

平衡器官

内耳にあってからだの平衡感覚を保つ器官です。

先の尖った靴をはいているとこの反射区が締め付けられるため平衡障害が起きやすくなります。

 

<チェックポイント>

めまい・乗り物酔い・閉所恐怖症・血圧・耳鳴り

 

横隔膜

呼吸を行い腹圧を調節しています。

 

<チェックポイント>

しゃっくり・腹痛・腹部膨満・腰痛

 

各リンパ腺

リンパ腺はリンパ液が集める細胞や老廃物を取り除きリンパ球の免疫抗体を作ります。

リンパ液が欠乏すると病原菌と戦う抗体が不十分なので自衛できず疲れやすくなったり病気になります。

 

<チェックポイント>

脚部の水腫・抗体減少症候群・筋肉瘤・嚢腫・潰瘍・ガン

 

右眼は左足の反射区に、左眼は右足の反射区に現れます。

毛細血管がつまりやすい反射区です。

合わない靴をはいていると影響を受けます。

ここはこする様にするので足つぼの中でも痛い反射区です。

 

<チェックポイント>

白内障・緑内障・眼底出血・近視・老眼・眼精疲労

 

僧帽筋

右肩は右足の反射区に、左肩は左足の反射区に現れます。

重い頭を支え首や手をいつも動かしているので疲れが出やすい所です。

 

<チェックポイント>

肩こり・手の痺れ・睡眠不足によるこり

 

肺・気管支

肺が弱ると鼻のあたりが白っぽくなり皮膚に艶が無くなります。

 

<チェックポイント>

咳・気管支炎・肺炎・肺気腫・喘息

 

脊椎

脊椎は椎骨と椎間軟骨が交互に積み重なって脊髄を保護しています。

柔らかすぎるソファやマットレスは脊椎に大きな負担をかけるので使用しないようにしましょう。

 

<チェックポイント>

腰痛・座骨神経痛・頸肩腕症候群・脊椎炎・背部痛

 

 

病気等に関しましては専門の医療機関を受診下さい。


金沢市ほしみぐさの足つぼは英国式と台湾式の良い所を合わせた施術で大変人気がある足つぼです。
足つぼ/金沢市ほしみぐさ

足つぼ施術説明

金沢市ほしみぐさでの足つぼの流れです。

 

足つぼはまず5分間足湯をいたします。

 

温度は41度前後ですが足が冷えている方はこの温度でも熱く感じます。

 

熱く感じても低温やけどをする温度ではないのでそのまま我慢して頂くのがいいのですが、どうしても熱いという場合は水を足して温度を下げます。

 

足つぼはなめらかで気持ちのいい施術で、しっかり時間をかけて丁寧に施術します。

 

足つぼというからには東洋医学の経穴/つぼを押しているようですが足つぼという施術は実際は反射区といわれる部分を押しています。

それに合わせてツボも意識しながら施術していきます。

 

足つぼはオールハンドの手技でむやみに強く刺激したりはしませんが、お一人お一人の症状改善の為の反射区にもなるべく効く感覚があるように施術いたします。

 

痛みの感じ方は個人差がありますので、わずかな力加減でも痛がる方もいれば、強めに力をいれてもほとんど痛みを感じない方もいます。 

 

足裏の反射区の痛みと普段感じている体の不調の部分が一致するのも足つぼ特有のものです。足裏から間接的に内臓を労わってあげましょう。

 

反射区は脳下垂体や小脳、甲状腺から腎臓・大腸・卵巣などの内臓全般まで対応しています。

 

足つぼに慣れてない方には最初は少しだけ痛いかもしれませんが続けることにより 適度な刺激に変わっていきます。

 

施術後半はオイルを使用してふくらはぎにも施術を行います。

 

リラックス効果が高いので、副交感神経の優位・ストレスの軽減に役立ちます。

 

 

痛い足つぼは何の価値もありません

激痛足つぼが悲しい事に世の中では足つぼとして認知されています。

 

とにかく痛い足つぼがいいのならば肩に思いっきり力を入れてマッサージしたらどうでしょうか。

 

次の日はもみ返しが起きて逆効果になります。

 

足つぼもそれと同じです。痛いだけで気持ちよくはありません。

 

痛みの裏側には筋肉と神経の損傷があるだけです。

 

痛みで交感神経が高ぶるだけです。

 

交感神経が高まっているという事は身体が戦闘モードに入っているのと同じことなので身体が回復する手助けにはなりません。

 

休んで身体を回復させたいときは副交感神経が優位にならないといけないのです。

 

痛くさせようと思えば痛いポイントがありますのでそこを狙えばいつでも誰でも痛く施術することは可能です。

 

本当の足つぼはどんな足つぼなのか、もうおわかりですよね。

 

足つぼに対して間違った認識をしないようにお願いしたいです。