産後の恥骨痛

産後の恥骨痛は骨盤矯正で改善します

 

妊娠中~産後までの恥骨痛について。

 

恥骨が痛い時は、矢印の部分が傷む事によって痛みを生じます。

 

ここは恥骨結合という名称であり軟骨・筋肉・じん帯で左右の骨盤を結んでいます。

 

妊娠によりホルモンが分泌される事によりこの恥骨結合を含め骨盤全体がゆるむ事により胎児が大きくなってもお腹で赤ちゃんを育てる事ができ、産道を広げ出産をし易くします。

 

その際に恥骨結合が伸びたり歪んだりすることで痛みがでやすくなります。

 

通常は立ったり座ったり、歩く、階段の上がり下がりで痛みます。

また、床に直接座って胡坐をかいて授乳などをすると恥骨結合が伸びますので痛みがでやすくなります。

胡坐自体は骨盤を歪ませる原因にはなりませんが授乳の時だけはソファーやイスに座る事をお勧めします。

痛み具合は人により強弱はあります。

 

当院の産後骨盤矯正の統計では大体は出産半年までに恥骨痛は治まっていくことがほとんどです。

 

また、骨盤ベルトを持っていれば恥骨の動きを制限して痛みを抑える事ができるので積極的に付けた方が効果的です。

 

産後の骨盤矯正では骨盤全体の調整と恥骨自体の調整をしていきます。

 

ほとんどのケースでは骨盤矯正をして骨盤の位置が整ってくれば次第に恥骨痛は治まってきますが、矯正回数も半分を過ぎても全く変わらない場合は直接恥骨を調整します。(服の上からなので安心して下さい)

恥骨の調整は恥骨を上から軽い圧をかけることにより調整していきますが、恥骨痛が強い場合はちょっとだけ痛みも伴います。

 

後は恥骨部分に力が入るように再教育として軽いトレーニングをします。これも恥骨の回復には必要なので当院の骨盤矯正では必ず行ないます。しかし自分で運動やスポーツをすると悪化条件となりますので気を付けて下さい。

 

何回か骨盤矯正をすれば自然治癒をただ待つだけに比べ随分早く確実に恥骨痛から回復できます。

 

もともとは痛くなかった場所ですから早く回復したたいですね。

 

 

ズキズキして痛い、歩くのも困難な場合は恥骨結合部損傷としすぐに病院で診察して下さい。