産後骨盤矯正をしても腰痛にはなる

産後から腰痛になった場合は骨盤矯正をすることにより改善することはあります。※最後まで読んでください

 

私としても少しでも腰痛がよくなるように一生懸命に施術していきますので改善率は高くなります。

 

それで良くなったとしてもそのままずっと腰痛にならないわけではありません。

 

仕事をすれば汗をかき疲れるように育児もまったくそれと同等です。

いや育児は24時間体制ですからもっと疲れるともいえます。

 

そして赤ちゃんはどんどん成長して体重が増えていきます。

 

産まれたての頃ならばヒョイと軽い持ち上がりましたが半年くらいになると8キロに迫ってきます。

 

1年もすると約10キロ近くにもなります。

 

男の私でも10キロの米をヒョイと持てません。

スーパーで米を買ったらしっかり肩で担いで運びますので小柄な女性ではそれは大変な負担が身体にかかってきます。

 

女の子なら少し軽くなりますがそれも個人差がありますので重たい子は重たいです。

 

その痛い腰痛のまま我慢して過ごしているといづれ腰がぶっ壊れます。

 

二度と腰の筋繊維が修復できないように壊れてしまうので腰痛がない以前の腰に戻る事はほぼありません。

 

そうなるとずっと腰の整体やマッサージに通ってケアを続ける必要があります。

 

産後骨盤矯正での腰痛対応でも書いてありますのでそちらもご参考にして下さい。

 

そうならない為にも育児中に腰が痛む場合は腰のケアを続けていく必要があります。