産後から体調が悪い

体調が悪いとはいったいどういったことなのか?

 

はっきりとした病気での症状ではなくて、なにかだるい、体が重たい、疲れている、やる気が起きない、イライラするなどどちかかというと精神的な事から身体がいう事を聞かないようなことを体調が悪いと称されることが多いと思います。

 

特に産後ですが出産後すぐから赤ちゃんのお世話をしているのでこのように体調が悪いと感じる人が多いのではないでしょうか。

 

当然これも個人差があります。

 

元々活動的な人なら外に出る事を好みますので日光を浴びて体を動かすことで体調不良をあまり感じずに過ごすことができます。

 

逆に頭で考えて行動に移せない人は一日中家の中にいて体も動かさずに視野も狭くなり、赤ちゃんの世話で精一杯になってしまいますので精神的に落ち込んでどんどん体調は悪くなります。

 

産後の骨盤矯正では、骨盤矯正をしてから体調が良くなったという人が大変多いです。

骨盤矯正では強制的に体を動かすことになるので運動ほどではありませんが、疑似的に軽い運動やストレッチをするようなことになりますのでそのような体調不良なら十分改善には役に立ちます。

 

みなさん体調が悪かったり痛みがあるから骨盤矯正や整体をするので、体調が悪いからと言って家にいて耐え忍ぶのは決して賢い選択ではありません。

 

自分では気が付かない病気により体調が悪い時もありますので自律神経や甲状腺から診察できる内科にでもいけば原因はなんなのか判断しやすいと思います。

 

調子が悪いからこそ良くなるための産後ライフを選択しましょう。