· 

股関節が硬いのは筋肉が原因ではない事もある

骨盤矯正(産後骨盤矯正含む)をしていますと「私、股関節が昔から硬いんですよ」なんてことを言われることがあります。

あと、私自身も股関節を施術していると可動域制限がすごいな(狭い)という股関節にも出会う事があります。

 

でも、これは股関節が硬いという事でしょうか。ストレッチしていないから硬いという意味なんでしょうか?

 

実は違います。

 

股関節の内反股と外反股

人の身体がそれぞれ違うように股関節の骨構造も若干違います。

 

①のように横の角度から付くような股関節(内反股)もあれば②のように少し斜め下から付くように股関節(外反股)もあります。この角度を頚体角といいます。

 

①はそれに伴い股関節が内旋してくるので股関節が外に開きにくいということになり股関節が硬いという事になります。

 

これはO脚の人に多く骨盤が横に張り出している、あぐらをしても膝が立ってしまうという現象があります。

 

理想的な頚体角は126~128度とされていますがその角度から外れると股関節周囲筋は股関節を安定維持するために硬くなるのです。

 

ですから股関節が硬いから何とか軟らかくしようとして無理なストレッチを続けると、股関節の部分の軟骨に炎症を起こしてしまう事になり逆効果になってしまいますし、靭帯も伸びすぎて損傷してしまいます。

 

関節が硬いのには訳がある場合もありますのでやわらかければやわらかいほどいいという事ではありません。

 

ですので股関節が特別硬い方には、関節の構造が違うので無理に柔らかくする必要はないんですよという説明をするとみなさん納得されます。

 

これも勘違いをしないでほしいのですが、だからといって股関節を動かさないと栄養がいかなくなり加齢などにより痛みが出てくるケースもありますのである程度のストレッチや運動は必要です。