腰痛は背中に原因あり

寝ても腰は反った状態になります

 

腰が痛いということでも、腰にはほとんどおかしなところは無くてパッと見ただけでも背中かあ~という事がよくあります。

 

座った姿勢も悪くて腰は当然丸くなっていますがそれ以上に背中は猫背のようになり、そのままうつ伏せになってもらうと背中がこんもりとふくらんでいます。

 

その背中を触るとカチカチでゴリゴリです。

 

 

背中(主に背骨中部~上部)が硬くなってしまうと、背中が真っすぐに伸びなくなり重力等の負担を全身で受け止める事ができなくなり反った腰だけで全ての負担を受けるようになるので腰が痛むという事になります。

 

 

そのままにしてしまうと慢性腰痛に移行してしまいなかなか治らない腰痛となってしまいます。

 

なので腰が痛いという自覚が強かったとしてもその場合は背中に対しての施術が必要になります。極端な事を言えば腰痛自体は何もしなくてもいい位です。

腰は無視。

腰には触らない。

まあ、触りますけどww 

 

骨盤は最低限観ますので腰に対して何もしない事はないですが。

 

整体骨盤矯正での施術を終えたら日常生活にも気をつけてもらうことで根本から改善できます。

この場合の腰痛はなかなか改善しないので時間(年月・月日)をかけて余裕も持って取り組む事が必要です。

 

また背中が固いと腰痛だけではなくて色々と調子が悪くなので、ろくな事がありません。