産後 尾骨/尾てい骨痛

産後の骨盤矯正 尾骨痛

 

産後では尾骨が痛む事があります。

 

尾骨は尾てい骨ともいいますが、

言い方が違うだけで同じ事です。

一般的には尾骨よりも尾てい骨と言う方が多いですね。

 

なぜ痛むのかは色々とありますが、

出産後すぐに痛むのは出産時に

産道を通って赤ちゃんが出てきますのでその際に赤ちゃん自身の体が尾骨にあたり尾骨が損傷してしまうので痛みが出るということです。

または骨盤底筋付近のアンバランスによる筋肉の緊張により尾骨が痛くなる場合や赤ちゃんをお世話する時の姿勢変化により痛む場合もあります。

 

軽く痛む・段々と痛みは減っているが少し気になる事があるという場合は、軽度によるものと考えられますので骨盤矯正により骨盤全体と尾骨を調整します。

 

しかしすごく痛む場合は尾骨がその分すごく曲がっている事が考えられ骨折疑いも考えられるので整形外科による診察と治療が必要になります。

 

 

しかし、尾骨を調整しても痛みが減らない事があります。

 

その場合は何回骨盤矯正をしても痛みが改善する確率は低いので、骨盤矯正をする意味がなくなります。

これは私が骨盤矯正をして「あっ、これはもしかしたら痛みが減らないかもしれないな」と思った場合だけそのように言う事がありますが、どのような事でそのように言うのかは直接骨盤に触れた方にだけ言う事にしていますのでここでは差し控えます。

 

あくまでも私の判断になりますが骨盤矯正でよくなりそうならそのまま骨盤矯正を続けてもらいますし、他に原因があるようならばその事について言うか、もしくは整形外科での治療をお薦めしています。

 

尚、尾骨のすぐ下には肛門があります。こちらの施術では尾骨の下に指を潜り込ますようにすることもあり肛門付近に手はいくかもしれませんが直接肛門に指を入れたり触れたりするような事は絶対にありません。

他の施術院では肛門にふれないと施術できないやり方もあるみたいですから私ではなくて他の整体院に行ったのならばカウンセリング時に最初から聞いておけば安心かと思います。

 

尾骨痛に対しては産後骨盤矯正の中ですることが大半ですが私の経験上の改善率としては8割以上です。大体は改善・軽減していますのでやる価値はあるかと思います。

 

整体としての尾骨の考え方はこちらの方をご覧下さい。