くすぐったい場所

誰でもくすぐったい場所としてわきの下や足の裏がありますが、骨盤矯正をしているとごく一部の方がくすぐったいと言われます。

 

くすぐったい場所として、

一番は仰向けでの骨盤周囲

二番目はうつ伏せでの腰~背中全体

三番目は仰向けで太股前面です。

 

三番目の太股前面といいとしても、一番目の骨盤と二番目の腰~背中がくすぐったい場合は整体施術自体が全然行なえないほど致命傷になります。

 

骨盤は検査のためにも骨盤に指を置いて左右差をしっかりと触診しますが、出だしの検査すら全く行なえない。

そんな場合は軽く触れますが、くすぐったい人は軽く触っても関係なしでくすぐったいようです。

腰も同様で、背部は特に整体では重要な場所ですが指を置くだけでも笑いがこみあげてくるほどくすぐったいので、こちらとしてはお手上げとはいいませんが、整体をするという意味ではかなりの制約の中での施術となります。

 

ちなみに、くすぐったいですが完全なこちらの方言なのかわかりませんが生粋の石川県人?金沢市民?は必ずこそがしいといいます。

私も昔は使っていましたが、こそがしいこと事体がないからでしょうか、今はあまり使わなくなりました。

くすぐったいよりこそがしいのほうが何となくくすぐったいような気もします。

 

私もわきの下はくすぐったく、肩なんかの整体操法でもわきに手を入れる場合もありますがやはりくすぐったい。間(ま)とか上手くとってもくすぐったいものはくすぐったいので、その整体自体が成立しなくなります。

そうなると一番効果が見込める施術ができないで、それを補佐するような別の施術だけで対応するような事になります。まぁ、それでも手技は何種類もありますのでそのどれを使えば何とかなります。

 

どこを触っても痛い場合もありますが、くすぐったいの方が施術としてはやりにくくなります。