産後の骨盤はどうなっているのか

産後の骨盤矯正ですが、出産する時に骨盤はどのような動きになっているのか理解していないと誤った骨盤矯正になる可能性があります。

 

骨盤をうつ伏せで横から見た状態。

うつ伏せで横から見た状態。

 

出産時には尾骨と呼ばれる尻尾のような骨がついている仙骨が上に開きます。

 

骨盤をうつ伏せで下から見た状態。

うつ伏せで下から見た状態。

 

出産時には産道が広がらないと赤ちゃんが出てこれないので、仙骨が上に広がりと骨盤下部の坐骨が広がります。

うつ伏せで上から見た状態。

 

上の関節部分は離れようとします。

下の坐骨も広がります。

骨盤を仰向けで上から見た状態。

仰向けで上から見た状態。

 

骨盤前面上部は反対面の離れようとする動きと下部の広がる動きから狭くなる力が加わります。

恥骨も産道を広げる為に離れます。

 

産後にお尻が大きくなるのは骨盤下部の坐骨が横に広がり股関節が前側に捻じれてくる事が原因です。

産後の腰痛・恥骨痛も本来よりも接合関節が大きく離れる為に起こります。

ぽっこりお腹は骨盤上部が狭まり脂肪が骨盤上辺に乗っかっている事が原因の一つになります。脂肪がつき過ぎた場合は骨盤だけではぽっこりお腹は解消しません。

肥っている人やぽっこりお腹の人の骨盤は間違いなく骨盤上部の腸骨と呼ばれる部位が必ず狭くまっています。

 

一般的には腸骨が広がっているから骨盤が開いているという間違った考え方が多いのですがそれは骨盤の仕組みを知らないから起こる知識・経験が乏しいセラピストの最大の勘違いであり誤りです。

 

実際骨盤矯正をしている整体院・接骨院でどれくらいの人が本当に骨盤を理解できているのでしょうか。

 

当院が構える金沢市でも骨盤矯正をする整体院は乱立しており市場はすでに飽和状態を通り越して混乱の様相を呈してといってもいいほどですが、それほど多くの市場がありながらほとんどの人が勘違いしているか、実はよく解らないまま骨盤矯正をしているような気もします。

 

多分インターネットではこのような情報は調べても出でこないでしょうから、ここで書いたこの事は非常に珍しく、有益な情報だと思います。

 

産後の骨盤矯正は赤い矢印の方向を全て反対側に向かうように矯正していきます。

当然これ以外にも矯正中に考えるべきポイントはありますがこれが基本中の基本になります。

 

 

このページに納得されて当院と同意見であるならばこのページをリンクして下さい。

内容を無断借用されても私は気が付きませんができればそのような事はしないで頂きたいと思っております。

 

新たに骨盤矯正の手順のページを追加しましたので併せてご覧になってください。