産後のホルモンバランスについて

産後のホルモンバランスの乱れ

産後のホルモンバランスの乱れ

産後のホルモンバランスの乱れは、個人差がありますが、一般的に3ヶ月から6ヶ月程度で大体は治るといわれています。

 

ただし、授乳中は、ホルモンバランスが整いにくいため、治るまでに一年くらい時間がかかることもあります。

 

また、育児や家事などのストレスも、ホルモンバランスの乱れを悪化させる可能性があります。

 

産後のホルモンバランスの乱れを改善するためには、以下のことに気をつけることが大切です。

 

●背骨の歪みを直す

 

十分な休息と栄養を摂る

 

●適度な運動をする

 

●ストレスを溜めないようにする

 

十分な休息と栄養を摂ることで、身体の回復を促し、ホルモンバランスの乱れを改善することができます。

 

適度な運動をすることで、血行が良くなり、ホルモンの分泌を促進することができます。

 

ストレスを溜めないようにすることで、自律神経のバランスを整え、ホルモンバランスの乱れを改善することができます。

 

また、ホルモンバランスを整える食材を摂ったり、ホルモンバランスを整える漢方薬を服用したりすることも効果的です。

 

しかし、症状が改善しない場合は、医療機関を受診することをおすすめします。

 

以下に、産後のホルモンバランスの乱れを改善するための具体的な方法を詳しくご紹介します。

 

 

背骨の歪みを直す

背骨の歪みを調整することは、ホルモンバランスに良い効果をもたらすことがあります。

背骨は神経系と密接に関連しており、その歪みが自律神経の機能に影響を与えることがあるためです。

自律神経はホルモンの分泌を調節する役割を持っているため、背骨の状態がホルモンバランスに影響を及ぼす可能性があります。

適切な整体施術によって背骨のアライメントを整えることで、ホルモンバランスの改善につながることが期待されます。

 

十分な休息と栄養を摂る

産後は、出産による身体的な負担に加え、育児や家事などの精神的な負担も大きくなります。そのため、十分な休息と栄養を摂ることが大切です。

 

十分な睡眠をとり、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

適度な運動をする

運動は、血行を良くし、ホルモンの分泌を促進する効果があります。

 

ウォーキングやヨガなどの軽い運動から始め、徐々に運動量を増やしましょう。

  

ストレスを溜めないようにする

ストレスは、自律神経のバランスを乱し、ホルモンバランスの乱れを悪化させる可能性があります。

 

リラックスできる時間を作り、ストレスを溜めないようにしましょう。

 

趣味や好きなことをして、気分転換をすることも大切です。

 

また、家族や友人に話を聞いてもらうことも、ストレス発散に役立ちます。

 

ホルモンバランスを整える食材を摂る

ホルモンバランスを整える効果があるといわれている食材を摂ることも、産後のホルモンバランスの乱れを改善するのに役立ちます。

 

具体的には、大豆製品、魚介類、緑黄色野菜などが挙げられます。

 

パンなどの小麦粉製品は、摂りすぎると体に炎症反応を起こすのでいかなる場合でも制限しながら摂るようにしましょう

 

ホルモンバランスを整える漢方薬を服用する

ホルモンバランスを整える効果があるといわれている漢方薬を服用することも、産後のホルモンバランスの乱れを改善するのに役立ちます。

 

ただし、漢方薬は医師の診察を受けてから服用するようにしましょう。

 

産後のホルモンバランスの乱れは、自分でできることで改善する可能性があります。

 

しかし、症状が改善しない場合は、医療機関を受診することをおすすめします。

 

また整体や骨盤矯正で身体を整える事でも自律神経は整いますのでそれに伴いホルモンバランスも整う事に役立ちます。