産後骨盤矯正を始める時期

産後骨盤矯正は産後6ヶ月までにするのがベストではありますが、骨盤矯正自体はいつでも可能です。

 

「出産してから半年経っていますが」「一年過ぎてますが大丈夫ですか?」といったこともありますが問題ありません。

ただ産後すぐに矯正した場合は10のうち8~10整うとすれば、半年以上過ぎた場合は5~8くらいになると思って頂ければいいかと思います。何もしなければそれ以上良くなることはないので骨盤矯正はしたほうが良いでしょう。

 

あと産後すぐに矯正したい場合ですができれば一ヶ月過ぎてからにして下さい。

出産して2週間3週間だと骨盤の安定が無さすぎるので矯正というのは適さないと判断しますのでそれまでは状況により骨盤ベルトで締めておいてください。

また腰痛がひどい場合は特に危険なのでなおさら矯正は控えるようにして下さい。

 

ですから産後骨盤矯正は特に骨盤に不調が感じられなければ一か月目から可能です。

 

また里帰り中に骨盤矯正をしておきたいという場合で日数の余裕がないならば最短で4~5日ごとに骨盤矯正をしていけば一ヶ月以内に終わらせることもできます。実際当院でもこういったケースはよくあります。

ただ1回2回しかどうしてもする時間がないのならばしないほうがいいです。帰ってからまとめてしないと意味がありません。

例外として帰ってからは骨盤矯正に行くつもりがないというのであれば里帰りをしている間に少しでもしておくのは悪い事ではありません。

 

 

絶対的に"いつからいつまでにしなさい"というわけではないですから心配なら電話かメールで問い合わせて頂ければ返答することもしております。

 

 

余談として・・・二宮先生は勉強会では、産後の骨盤調整は早ければ早いほどよくて出産して退院したら家には帰らずに赤ちゃんを抱えたまま先に整体に来てくださいとまで言っていたぐらいです。

 

まあ、骨盤矯正の仕方や考え方は二宮式とは全く違うのでそこまで早くなくてもいいですが産後2ヶ月とはいわず1ヶ月でも大丈夫という事です。