産後の乳腺炎

 

乳腺炎は産後初期に起こりやすいとされています。

 

乳腺に母乳が溜まってしまうことで発症する為、溜らないようにするのが予防になりますのが産後初期だけではなくて断乳するときにも同じように痛みが出る場合もあります。

私の場合は後者で対応する場合が多いです。

 

産後骨盤矯正でもこれまで乳腺炎だということでお話した事がありますがどなたも骨盤矯正で乳腺炎に対応できるとは思っていなかったようです。

 

乳腺炎に対しては直接胸に触る事はしません。

 

脇の下や肋骨にストレッチをするように伸ばすことによって乳腺炎の回復を促しています。

 

脇の下や肋骨は非常に薄い部分なのでなるべく痛くないように丁寧に扱っていきます。時間的には数分なので受けるにしても負担はありませんがくすぐったいと施術できないこともあります。

 

そして乳腺炎になる方はみなさん肩こりですね。という事は肩回りの動きが乳腺に影響しているということに繋がりますので普段から大きく肩を動かすようにするのが予防にもなります。

 

骨盤矯正という限られた時間内で行いますので少しばかりの施術時間ですがこのやり方で酷くならなかったケースもありますので、ものはついでにぜひ一言相談して頂ければと思います。

 

 

当然ながら乳腺炎は産婦人科が専門なので既に悪くなっている場合はそちらで治療した上での話となります。

また助産師さんでも対処して頂けます。

赤ちゃんに授乳中