産後骨盤矯正の手順

産後骨盤矯正の手順のページを新たに追加しました。

 

ご来院されている方には、一つ一つ説明することはありませんので新たに追加したページで一体何をしているのか確認していただければよろしいかと思います。

 

記載しているのは基本的な事だけなので、これが全てではありませんが骨盤矯正の手技には無駄が無く一つ一つに意味があります。

産後はどのように骨盤が歪むのかの説明は産後の骨盤はどうなっているのかでご確認ください。

 

 

たとえば股関節が痛いとかなんとなく違和感があるといったとき、先天的問題がなければ基本手技だけでも大体は改善傾向に向かいますが、それに合わせて普段使わない手技もプラスしていきます。

横向きの姿勢、仰向けの姿勢で筋肉や股関節自体を正しい方向に矯正していきます。

 

特に時間がかかるのが膝痛です。

膝痛の痛みの程度によっては、骨盤矯正は最低限の時間でササッとまとめないと膝に対してアプローチができません。

 

また、ダイエットのつもりで骨盤矯正を受けられる場合は、代謝やリンパの動きを意識して骨盤矯正を行うようにしていますが体格などによってもできる手技は変わってくるので個人に合わせた施術を行っています。

 

「骨盤矯正」という言い方から骨を直接矯正するような間違いが生まれますが、骨盤は一つの骨ではなく脊柱と股関節という大きな骨と連結し多数の筋肉・腱により骨盤のバランスを構成しています。

 

 

例えるなら正月にみるはしご乗りのような感じになるかと思います。

骨盤もはしご乗りのように色々な筋肉で支えられています

どこか一つが強く引っ張っていたり、弱かったりすればハシゴはグラグラして安定しません。同じように多方面から骨盤の歪みを整えなければいけません。

 

手順のページはこれから何か技術的に変化があれば随時変更していきます。

 

 

補足

当院の骨盤矯正のベースとなっているのは県外にて産後骨盤矯正を広めた第一人者の矯正方法です。

その矯正方法を現在は半分ほど骨盤矯正の流れとして取り入れています。

なぜ半分なのかと申しますと、腰痛や膝痛等の症状がある場合、ベースとなっている矯正方法では骨盤を整えるだけなのでとうてい痛みなどの症状には太刀打ちできなかったので当方の施術と組み替えながら試行錯誤して現在に至ります。

 

ここ1~2年になって急激に骨盤矯正、特に産後の骨盤矯正が金沢で大流行しています。この大流行の流れを作ったのはカイロプラクティック勢になりますが本当に技術のあるカイロプラクティックはほんの一握りにすぎませんので巧みなトーク技術にごまかされないようにしっかりといい骨盤矯正を見極めて下さい。