痛い骨盤矯正

痛い骨盤矯正ってどうなんだろう

 

どこの整体院かサロンが知りませんが産後骨盤矯正をしたら痛かったのでそこに通いたくないから当院に骨盤矯正を受けに来たという方が数名おられます。

 

そしてまた他で骨盤矯正を受けていたが痛いので代わりに当院で受けてみたいというお電話がありましたのでそのあたりについて書きたいと思います。

 

まずこの画像ですが、痛いと思いますか?これで痛いという方はほとんどいませんが一部の方には痛いと言われます。どこが痛いのかという事ですが、脚を後ろに反らすように見えていますがそのまま前の太ももが突っ張って痛むケースと左の肘で臀部を押さえているのでお尻が痛いというケース、そして左腰が痛いというケースです。腰が悪いと反らした反対側の腰が痛いというケースがありますのでこの時に右腰と左腰の悪さ具合をみる事も出来ます。そういった事も踏まえて以下をお読みください。

 

今までこんな話が続く事は無かったので、もしかしたら最近になって新しく開業したか、最近になって骨盤矯正をメニューとして宣伝し始めた整体院(ボディケアサロン)であると思います。

それも多分同じ整体院(ボディケアサロン)から来ている方々だと推測できます。

 

 

どんな手技・技術で骨盤矯正を行っているのかは整体師ひとり一人違いますし、同じ手技を学んでいるとしても受けた感じは多分違うと思いますが、基本的には骨盤矯正で痛いという事はあまりありません。

 

足つぼなんかは痛い方が流行る傾向があり痛い手技が流行る時代もありますが整体系になると今はどちらかというとソフトな手技の方が主流だと思います。

 

痛い場合は異常が長く続いて慢性化した痛みが体にある時に痛いことがあるといえますがいからといって痛くないように弱くすれば異常は直る事はありませんので、人によっては痛い場合もあるということになります。

 

整体でも無痛整体という言葉がありますが、そのような看板を掲げている場合なら、いついかなる場合でも無痛の手技だと思いますので痛くない矯正がしたいのならばそういった趣旨の骨盤矯正をお探しになれば理想の矯正が見つかると思います。

 

人によってちょっとした痛みでもすごく嫌で苦手な人もいるので、当院でも少し我慢して下さいと言ってもやっぱりいやだという事もあるといえばあります。

当院でも数年に1人の割合で痛いと言ってプンプンで怒ってお帰りになる方もいますので、ほとんどの方には痛くはなくてもごく一部の方には痛いという感覚はあるということです。

 

そういったケースは特別な事なのでもその人にだけ合わせて全体の手技を見直す事はできません。それをすると良くなる方でも良くならないといったケースが多数出てきますのでとにかく痛くないことに専念するのは改悪になります。

 

全く痛くなく施術をするということはできませんが私の場合でもなるべくそのような場合は我慢ができるギリギリのところで対応しています。