春の整体

兼六園の桜

桜も咲いて本格的な春になりました。

 

気分転換でお散歩するのにもいい季節です。

 

春は誕生、生まれる季節といいます。

 

冬に閉まっていた骨盤も次第に開いてきますが、現代人はストレスや疲労があるとうまく開かない場合もあるようです。

 

年中イライラしている人はそうだと言えます。

 

整体的にみて骨盤は自律神経に大きく作用していますので、この時期はうまく開いてあげるようにしましょう。

 

スムーズに骨盤が開閉するのが理想で、閉める(締める)一方ではいけません。

 

精神的に落ち着く方法は自分から動かないといけません。

 

まず、目。

 

目の上に蒸しタオルをおいて目を休ませましょう。冷えたらまた熱くして2~3回。

 

これをすると気持ちがいいので頭も休まります。毎日行ってもいいです。

 

そして、正座。

 

上から頭をヒモで引っ張られている様に意識して、顎を引き、背筋をのばし胸を張り、腰をキュッといれて反ります。

 

骨盤の上といいますかヘソが前にでるような感じで反ります。五分ほどしましょう。

 

当然呼吸はゆっくり。そして頭はポカーンとからっぽに。

 

正座はこのように意識して座ることが重要です。これだけでも体の使い方が変わりイライラや腰痛も楽になったりします。

 

膝が痛い人は正座を昔からしていない人が多いようです。正座をすれば膝が最大屈曲しますから柔軟性があがることは判っていただけると思います。

 

正座をするだけでも腰まわりのバランスがよくなります。

 

最初はなんでも意識してしなければいけませんが、そのうち毎日歯をみがくのと同じように習慣となりすることが当たり前の日課となります。

 

整体操法はこちらにて