整体の原点は野口整体? 

私の認識が合っていれば、整体という言葉を世間に広めたのは野口整体といわれるものです。

 

この野口整体から派生してたくさんの流派のようなものがあります。

 

流派といっても根本に野口整体の考え方がありそして独自の進化をしたものになりますがこのようなものこそ整体といってもいいのではないかと思っています。

 

そのなかでも一般的に有名なのが 井本整体

 

井本整体は本屋にいけば沢山の書籍が手に入ります。私でも六冊ほど所有しておりますが、技術というのはほとんど記載されておらず知識・考え方、自分でする運動の様な整体法になります。

 

書籍もできるだけ繰り返し読むようにはしていますが、読めば読むほど逆にどうしていいのかわからなくなっています 汗

 

あれこれ手をださずにじっくりと整体というものを突詰めていくだけでも一生もので、一生かかっても全然たりないものです。仕事というものはなんでもそうなんですが。

 

追記

この記事を書いてから何年か経ちました。整体という言葉を広めたのは野口整体と言われています。整体という言葉は他の人が考えた言葉かもしれません。ただ整体という固有名詞にこだわらず、新たな言葉を日本語として考えようにも整体という言葉がはまりすぎており、他の適当な言葉が見当たらなくなります。いぬが犬というように何も考えずにせいたいを整体と呼べばいいのでしょうか。

深く考えたいといつも思っていますが、それは無駄な時間かもしれません。

 

あと、整体を勉強したい人は、今の私の情報でもそんなに多くのところで整体を学ぶ事はできません。

たまたま隣県で学ぶことができれば十分ラッキーだと思います。近くのスクールよりも数時間かかっても純粋な整体を学んだ方が上達は速く、技術も上がるはずです。遠回りしたからこそ言える結論です。

また通信教育やオンラインだけのようなものだけで整体の勉強は絶対に不可能ですから、ドブにお金を捨てるようなものです。絶対にやめてください。

ちゃんと年月をかけて直接教えてもらいながら、整体の事だけを考えて日夜稽古をすることでしか実力はつきません。

相手があっての整体ですから甘い考えでは整体はできません。

このブログ内だと「腰痛専門や頭痛専門とか、なんとか専門が主流になる」にも書いてあります。

 

※ほしみぐさの整体は野口整体を源流とする二宮整体ですが直接野口整体を学んだ事はありませんので野口整体とはちがいます。