ピアスと骨盤

 

ピアスは随分前にこのブログでも書きましたがまた書かせてもらいます。

 

その後も多くのピアスをしている方の骨盤を調整していますが、やはり考えは変わりません。

 

変わらないどころか確信に変わっています。

 

ピアスをしている人の骨盤は調整しにくい。

 

調整しきれないので定期的に調整していかなければ体は不調の方向に向かうという確信。

 

怖いことですが私調べでは確かなことです。

 

中にはそのままだと大病をする人もいると思いますが、以前の骨盤矯正と私が今している骨盤矯正・調整は全く別物です。

 

一年前のレベルとは雲泥の差です。だから以前の骨盤矯正にいらした方は普通の骨盤矯正なので、特に問題はありません。

 

そして、今いらしている方々はさらに最高の骨盤矯正をしています。(それでもまだまだ上があります。)

 

ピアスの穴があいているとどうして骨盤は歪み・カラダは不調になるのか?

 

今はその理由は考えていません。ただ歪んでいるという事実だけをとらえています。

 

簡単には直すことができないほど骨盤の歪みが強いという事実だけです。

 

空いた穴がふさがったとしても裡は変わらないと思っています。

 

私の意見では、ほんとに小さな穴ですが空けないほうが無難ですね。

 

元々不調がある方や感じやすい方はかなりの確立で悪い方向にいきます。

 

覆水盆に返らずならば、骨盤の調整と大病にならないような整体をしていけばいいのです。

 

ピアス穴があり、調子の悪い方は整体があります。安心してください。

 

この考えは私が日本人だからそういう観点でみているのであってもしロシア人ならこんな事は考えもしなかったのだろうと思います。