まぶたが重い、開かない

 

まぶたが重いについては簡単に肩凝り腰痛等整体での事例のページに書いておきました。

 

最近の施術ですが、眼科だけでも四件?くらい診察にいったそうで、お話を聞くと大きな総合病院は当然のごとくほぼ全ての診療科目で診察をしたようです。

 

本人は辛くてつらくてしょうがなく、目が重たく開かないという症状がはっきりと、でているのですが、全ての病院で異常なしとのことでした。

 

結局は精神的なものなのでうつ病に対しての薬だとか、気分転換をするしかないと言われているそうです。

 

検査で異常が見つからなければ、大体は歳だからとか、精神的・ストレスの問題で済ませてしまうのが便利なようですが、それはあきらめろということに近いのではないでしょうか。

 

このクライアントさまは多少の頭痛があるとの事でしたので僕の得意としている頭痛専門コースで対応しました。首の施術は何度も書いていますが下手な人がすると大変危険な反面、あらゆる症状に対応した万能な部分でもあります。

 

普段の生活の気遣いが首への負担を軽減しますから、当然定期的に整体に通うことが大切ですが、それよりもストレッチをしっかりと続けるように念を押し簡単なストレッチをご指導して施術をおえました。

 

一週間後の再来店時に最初に言われたのが、「目が開かなくなって三年間、施術後3日間ほどだけど目が開いた。こんなことは初めてです。」ということでした。あれほど色々と通ってだめだったのが僕の施術で効果がでたというのは非常にうれしく思います。

 

整体は血液検査であるとか画像検査であるとか、数値や何かで表せないようなものを観ます。それは体を観て人を観るということでもあります。僕なんかはまだまだ整体を勉強中の駆け出しですから(歳はおじさんですが笑)、何年かしたらもっと上手くなっているでしょう。その時はほんの数分で施術ができるようになっていると思います。

 

この前も虫歯のついでに普段から顎が痛いと歯医者さんに行ったら、整体に行ったほうがいいですよと言われた方もいました。もう笑うしかありませんでしたが、こんなことが本当に多く世の中で起こっています。

 

そうなると先の方もそうですが、調子が悪くなったらどこに行けばわからなくなってしまうんです。

 

しかし、整体はそんなことの受け皿になってはいけないと思っています。

そうならないようなカラダになるのが目的なので、普段より整体的生活をして病気なってもすばやく自然と経過するようなカラダを目指していかなければなりません。

まずはお腹に息をためゆっくりと呼吸をしてみてください。

まずこれから始めましょう。