骨盤は運動だけでは歪みは直らない

普段から運動をしているので骨盤は整っていると思い込んでいる方がいます。

 

ヨガをしている、姿勢には気を付けている。自分では骨盤は整っていると思い込んでいます。

 

それはそれでいいです。

 

何も調子が悪くないからそういった事で骨盤は歪んでいないという判断なので何も不都合もなく調子もいい。

 

ですがそれと骨盤とは話が違う事を理解しましょう。

 

骨盤は運動やヨガ、ストレッチをしても整う事はありません。

 

骨盤ベルトや補正下ををしても骨盤の歪みにはビクともしません。

 

骨盤矯正ができる施術者とその相手がいる事で初めて骨盤の歪みは直ります。

 

骨盤というのは相当頑固者で、これまで生きてきた人生を共に何十年と過ごしています。これからもずっと一緒です。

 

ほぼ毎日十年以上ストレッチを続けているのであればかなり整った骨盤だと考えられますが、3日に一回とか一週間に一回しかその運動もしていないのなら間違いなく骨盤は整っていません。

 

外部から力が加わらない限り骨盤が動くという事はちょっと考えられない事です。

 

自分で前屈するストレッチと誰かから背中を押してもらうストレッチだとどちらが効いているでしょうか。

 

自分で行う場合は可動域の限界を越えません。ほとんどがその手前です。

 

だから体操選手などは最初は身体が千切れる位のストレッチを他動的に行います。そうしないと限界を超えたストレッチが行えないからです。

 

骨盤も骨盤矯正という技術を使って普段自分ではできない動きを整体師が誘導して行います。こういった事が骨盤矯正で組み込まれることで骨盤が正しく整います。