腰痛には激痛整体です

腰痛に限らず全ての事に対して基本的には痛くないように施術を心がけています。

 

しかし腰がすごく悪い、日常的に腰に負担がかかっている、すでに腰が壊れてしまっている場合は施術がすごく痛くなります。

 

これは痛くしているのではなくて必然的に痛くなるということです。

 

術者が痛くないようにしようとしてもどうしても痛くなってしまう。

 

必要な痛みです。

 

施術が痛くなければ良くなりません。

 

痛くないように弱く優しくしているのなら100年かかってもよくなりません。

 

無痛整体とか、絶対痛くない骨盤矯正というのはあり得ません。

 

痛ければ痛いほど、自分の腰は悪いという自覚を持って整体を受けて下さい。

 

腰が悪くなければ整体や骨盤矯正の施術は気持ちがよく天にも昇る気分になりますが、これが悪ければ地獄のような痛みに変わります。

 

さすがに地獄のような痛みを私がさせるのは問題がありますので、実際はそこまではしませんのでご安心ください。

 

何故施術が痛いのか?

 

それは硬くなっているからです。

 

腰が痛ければ腰の痛む部分が冷えて縮んで硬くなって伸びなくなり柔軟性を欠いた状態になっているからです。

 

それがどうなれば改善するのかというと、血液が十分に流れた状態になれば硬さは改善していきます。

 

だから痛くないように触っていても硬いのが柔らかくなるわけがありません。

 

石を砕こうとして100年指で押してもヒビすらはいりませんよ。砕くためには砕くような事をしないと砕けないという事です。

 

こんなことを書くと何でも痛いのかと思われそうですが、時と場合ですので。