便秘で腰痛になる

便秘で腰痛になることもあります。

 

腰痛便秘がある場合は、まずは便秘を改善することが先決です。

 

便秘によって腰痛になっている場合は非常に多く、この場合の腰痛は何十年腰を治療しても腰痛がよくなることはありません。

 

お腹の内部にある腸が腰の神経を圧迫することで痛みがでているので、鎮痛薬を飲もうがシップを貼ろうが、腰を何時間マッサージしても腰痛が改善するわけがないのです。

 

もし薬を飲むのならば鎮痛薬ではなく整腸薬飲むのが正解です。

 

腰に問題があって腰が痛むわけではないので、まずは便秘を改善することです。

 

便秘は体質によることが多いので完全に解消しようとすれば相当の努力と時間が必要になってきますので気長にやっていくしかありません。

 

便秘から腰痛になっている場合はいくらレントゲンを撮っても腰の骨に異常はみつからず、医師からは原因不明ですと言われます。

なので医者で調べた腰痛が原因不明と言われて自分が便秘ならば、尚更便秘を疑ってもいいのです。

 

たまにテレビでもこのような事は言っているので注意をしていれば耳に入らない事はないのですが、なかなか腰痛と便秘を結びつける事は当の本人でも気が付いていません。

 

整体での対応は、骨盤内の筋肉を含めてアプローチしていきますがそれに合わせて足りない水分と食物繊維の摂取も自己努力として必要になってきます。