痛めたという言葉

私が整体を絶対お断りをするワードが「痛めた」です。

 

例として、昨日久しぶりに走ったら急に膝が痛くなって痛めたみたいです・・・。

このように〇〇をして痛めたみたいですというような事になれば100パーセント施術は断っています。

 

急性の痛みに関しては、接骨院や整形外科の仕事なので手はだしません。というよりも施術してはいけない。

 

自分や家族がそうならとりあえずやる事はやって治そうとしますが、仕事となれば法律に関係することなのでご法度になります。

 

実際に痛めた場合は何かしらの損傷があるのでそこを触ったとしても治りが早くなるわけでもなく逆に損傷が広がってしまうことの方が多いのです。なのでお医者さんに行くほどでもないと感じるのならばそのまま動かさないように安静にして様子を見るか冷やすのが一般的な正解になります。

 

痛めたとしても医者にかかりその後何ヶ月もよくならない場合は、整体の出番になります。

何ヶ月も治療してよくならないならば損傷自体はよくなっており、別の個所から痛みが出ていることが考えられるので、こんなケースは整体で身体全体を整えていけば良くなっていく事も可能です。