触っていけない所やダメな事は最初に言ってください

触ると痛い場所や怪我などで触ったらいけないところがある場合は最初に言って下さい。

 

たとえば足の巻き爪もそうです。

足の親指を触る事もよくあるのでやはり最初から言ってもらわないとまずいです。

 

この前は通院6回目の最後に顎関節症だといわれて、背中を押さえられると顎が痛いなんて言われまして、何で最初から言ってくれないの?となんか情けなくなりました。

 

普段マウスピースをして治療しているということでしたけど、どんなことであっても頭の天辺から足の先までとにかく触られると嫌なところは最初に相談してほしかったですね。

 

まあ、骨盤矯正でのご来院でしたので骨盤以外は触らないだろうと考えていたみたいですがとりあえず言ってもらわないともしかしたら悪化したかもしれませんので言ってください。

 

ちなみに顎関節症は整体では最も簡単に改善する部類になります。

 

帝王切開の場合は最初に申告はありますので極力傷跡には触らないようにしています。切った痕はとっくによくなっていますがこれも触られるといい感じがしないのですごく気をつけるポイントです。

 

とにかく今触られるとよくないところを言って下さい。

言わなくても初回に書いてもらう用紙には触ってダメなところはありますか?という文面もありますのでそこは無視しないで何でも書くようにして下さい。

 

何年も前に怪我したとかで今は触っても何も問題ないような事は逆に言わない様にして下さい。

こちらとしては触ったらいけないのかと思ってしまい、整体や骨盤矯正の手技を変更しなくてはいけなくなり支障をきたします。