産後骨盤矯正2回3回はまだ準備運動

骨盤矯正で骨盤を整えています。

 

産後骨盤矯正をしていますと、2回目や3回目で「骨盤は良くなっていますか?」と聞かれる事がありますが、3回目はまだ準備運動のようなものです。ましてや2回では骨盤はまだまだ整っていません。

 

3回目・4回目でやっと骨盤のゆがみが中心に集まってきて骨盤に付いていたクセもとれてくるので骨盤が本当によくなるのは最後の6回目になります。

 

回数は個人差がありますが、ほとんどの場合は6回必要です。

 

6回というのは私がこれまでの何千何万という経験で練りに練った最低限必要な回数なのでこれよりも少ない回数で終了してしまうということは(5回以内というのは)只の無責任な骨盤矯正ということになります。

 

4回目の時にいい感じになっていても5回目でまたわずかなゆがみが発生している事もあるのでやっぱり4回や5回で骨盤矯正を終了してしまうのは私は受入れる事ができません。

 

多分この6回という回数は日本で私が最初に言い出した回数なんじゃないかと思う事もあります。

  

でもこの6回というのは、ちゃんと骨盤矯正ができる施術者に限ってこの回数になります。

 

整体師ならみんな骨盤矯正ができると世間一般では思っていると思いますが、実際はちゃんと骨盤矯正ができる整体師は非常に少ないです。

 

骨盤が開いている閉じているという事が本当に理解できている整体師は多分100人中たったの1人くらいしかいないんじゃないかと私は推測しています。

 

その答えはこれまでのブログに書いてありますのでそれをご覧になればさらに骨盤矯正に理解ができて受けるための意味も生まれます。

 

この6回コースという基準を決めてしっかり骨盤矯正を受けてもらうようになってから、きつかったズボンがはけるようになったとか体重が元に戻ったとか頻繁に言われるようになったのもまた事実です。

 

あと回数ですが6回以上は無意味なのかというと、7回でも8回でも受ける事ができるのならそれでも結構です。

 

産後に腱鞘炎も併発していると6回で良くなるわけではないですから骨盤が既に整っている状態でも腱鞘炎が良くなるまで通院して頂きたいので10回以上ということも当然ありえます。