意味のない事はしない

整体や骨盤矯正をしている最中に、「何で痛いんですか?」「それ、何しているんですか?」「今のところ骨盤に関係しているんですか?」と聞かれる場合があります。

 

聞かれれば一応何のためにしているのか説明はしますけど、痛いから痛いだけであり、しなければいけない事なのでしているだけなので私からすれば何で聞くのかな?と不思議でしょうがありません。

 

私の整体や骨盤矯正はできる限りの無駄を省いています。関連性の低いものや現時点では意味が成さないと感じている事はしないようにしていますので必要最低限の事だけをしています。

余計な時間をかけたり余計な事をすると整体の精度が落ちてしまうのは整体としては当たり前のことなんです。

 

だからそんなふうに聞かれると、非常にめんどくさく感じてしまいその後の整体もちょっとやる気が落ちてしまうんですよ、実際。

技術的に手は抜きませんけれど気持ち的な事です。

 

これが骨盤矯正なら結構体力を使う施術方法なので私が話すと息切れして話すのも大変だし施術も焦点がずれてしまいます。

 

まあ、整体は気持ちとかは無でするものなのでそれはそれでいいのかもしれませんが、なんというか空っぽで対するといいますか・・・これ以上書くとなんなので止めておきます。

 

とにかく黙って任せてもらえればそれで良いという事です。