O脚矯正の新回数目安

O脚矯正での矯正回数の新目安です。

O脚を改善するには一にも二にも本人がいかに自覚するかにかかっています。

O脚にどうしてなったのか、なっているのかを自覚しないといくら矯正だけをしても改善することは不可能です。その為にO脚矯正はO脚改善の為のきっかけ作りとして行う事にしましたので矯正回数はこれまでの半分と致します。

 

モデル・芸能関係の方やどうしても早く改善する事が必要な方の場合はこれまで通りの回数で通うことは可能なので院長までご相談下さい。

 

*********************

 

●真っ直ぐに立ち、カカトと足のつま先をピッタリとそろえて両ひざの間を調べます。

  

脚に力を入れて膝がピッタリと付く   軽度のO脚で5回

 脱力状態では指1本程度空 軽度のО脚   5回矯正後+セルフケア10週間続ける。

 

・脚に力を入れて膝がかすかに付く    中度のO脚で10回

 脱力状態では指2本程度空 中度のО脚  10回矯正後+セルフケア15週間続ける。

 

・脚に力を入れて膝が全くつかない    重度のO脚で15回

 脱力状態では指3本程度空 重度のО脚  15回矯正後+セルフケア20週間続ける。

 

・両側から手で膝を挟んでも膝がつかない 極度のO脚で20回  もしくは不可

                     20回矯正後+セルフケア25週間続ける。

 

O脚は幼少期からこれまでの生活の積み重ねによりO脚になります。 

O脚矯正はO脚を改善するきっかけ作りとして行いますのでO脚矯正だけではO脚を改善する事は非常に困難となりますのでご理解をした上でO脚矯正を受けてください。

 

また、無料O脚検査を実施していましたが中止することにします。

O脚矯正のページに全て書いてありますので、検査するまでもなくご自分で自分のO脚の程度が軽度なのか中度なのか重度なのか判断できます。

 

色々と変更がありますが各ページを熟読の上ご検討下さい。