腰痛の人は体が硬い

腰痛持ちの人は体が硬い人が多いです。

 

柔らかくても腰が痛い人も当然いますが、それよりも硬い人の方が断然多いです。

 

前屈や開脚が苦手だというのが相場で、実際前屈などの動作をしてもらうと全然前に身体が倒れません。そのまま床に指が付いた人は誰もいません。

 

そうなると前屈みで何かする時に腰だけで曲がろうとするので腰の負担が増えて腰痛の原因となります。

 

 

身体が硬いから腰に負担がかかり腰痛になる

例えば前屈ですが前屈は腰の柔軟性で腰を曲げているように思えますが腰自体の可動域はほとんどないので実際は腰以外の下半身や上半身が柔らかいか硬いかで腰痛になるといっても過言ではありません。(今回は精神面は抜きでお願いします。)

 

整体をしていると身体が硬いというよりも皮膚からつっぱっていて痛いような場合もあるのでストレッチ的な大きな動きではなくてわりと浅い所からも緊張をとるようにしていかなければ腰痛の改善というのは難しいのだろうと思っています。

 

しかし、腰痛持ちで自分から運動をしている人はかなり少ないですね。整体やマッサージだけの一方通行では腰痛は改善しにくいのである程度の運動は必要になります。

 

 

また本日はずっとご来院されていた方が東京に転勤となりました。

良い思い出ばかりで寂しいですが末永く健康でお過ごし下さい。