O脚矯正 お疲れさま

今年の2月からO脚矯正を始めて、お仕事の都合でこの11月に終了となった方がおられます。

 

膝の間隔だけみれば中度レベルでしたが、O脚の強さが半端ではなく当初の検査の結果では「極度」と判定いたしました。

極度のO脚は最低回数40回であり、時にはお断りするレベルのO脚です。

 

この方は非常に真面目な方でこの期間しっかりとセルフケアもして途中からはセルフケアの量を2倍にしてO脚改善に励んで頂きました。

 

実際できた矯正回数は37回であり40回ではありませんが、それは私がセルフケア主動の方が矯正後の生活の為にも良いと判断して途中から矯正の間隔を空けるようにしたからです。

O脚矯正はある程度まで改善すれば後は普段からの意識とほどほどのセルフケアで十分改善していきますしそれ以上悪くなる事もありません。

 

もしこのブログ見ているのなら最後に言いましたが、矯正後についてО脚矯正のその後は?書きましたのでそちらもご覧になって下さい。

 

極度のO脚の場合はそんじょそこらのO脚矯正では何百回と施術を繰り返してもビクともしませんが、今回はご本人の頑張りが私の想定以上でしたのでなんとか卒業レベルになったかなと思っています。

それは私ががんばったのではなく本人が頑張った結果ですので、よくここまでがんばりましたねというのが今の気持ちです。

 

軽度中度のO脚であるならば私からすれば大した事はありませんが極度の場合は完全に気を抜いてしまうとまたO脚が悪化する事もありますので、気を抜かずに毎日の歯磨きくらいの時間分のケアだけは続けていただけると幸いです。

 

最後はお手紙まで頂きまして最高に感動しました!! ありがとうございました!!

ナオさまとお子様のご多幸をお祈りしております。

 

それでもこれが本当のお別れでもないですから、お時間があればいつでもお越し頂ければと思います。