考える力

パソコン・スマホがあれば、何でも調べられる時代になっています。

 

一昔前なら図書館にいってどこに必要な情報があるのかもわからずに片っ端から本をあさるように調べていました。

 

今や検索すれば簡単にほとんどの事はわかるようになりました。

 

しかしこれをすればするほど考える力を失うのだと思っています。

 

ネットで調べないと答えが出せない・どうしていいのかわからない人が続出しています。

その答えでさえ、自分の好みで自分の都合のいい答えだけを選ぶので、本当に正しいのかと言えばそれも多分答えとしては合っていないのだと思います。

 

腰が痛い。ネットでどうすればいいのか調べる。調べて実行に移す。ダメなら次の方法を探す。こんなバターンになるはずですがネットの情報は無責任な情報も多いのでぴったりと正解が見つかる事はそれなりに時間もかかります。

悪い腰を良くする事は並大抵ではないのでタダ同然のネットの情報だけではちょっと無理があるようにも思います。

 

最近は育児でどうしていいのかわからないで調べる人もいますが、育児は元々は本能でできる事なので調べるのは食べ物に関する事くらいにしておかないと後々子供を育てられない親になります。

自分が子供にした事、言った事は全てネットの情報というのはおかしいですよね、というか親として恥ずかしいですよね。

だから情報はほどほどにしておいて自分で考えるようにしてほしいです。

 

整体でも色々なセミナーや教材もあり、私自身も稽古会に出席していましたが、それで何を考え、想い、感じて稽古するのかで整体の全てが変わってきます。

 

調べるのもいいですが、自分で考える事を忘れてしまってはせっかくの能力も低下するしかありません。