昼寝と整体で寝るはどこか違う

昼寝で30分寝るのと整体や足つぼの最中に30分寝るのとはどこか違います。

 

昼寝で30分寝た場合は夜に寝れなくなる場合があります。30分寝るために眠るという事が何故か寝すぎになってしまい布団に入っても1時間以上目が覚めてなかなか眠れないといったことがあります。

 

整体・足つぼを受けている時にいつの間にか寝てしまった30分の場合は、その日は寝つきが良く、ぐっすりと眠れることが多いです。

 

昼寝は仮眠のつもりでも睡眠の内に入り、いつものリズムが崩れてしまう。

いつの間にか寝てしまった場合は身体が回復モード(副交感神経)に入ったのがそのまま寝るまで続き寝やすくなるのかもしれません。

 

この事はクライアントさまからよく言われていた事なので早く書こうと思っていたのが何年か越しになってしまいました。

私の勝手な仮説なのでどうなのかわかりませんが、実際よく聞く意見です。

 

あと、寝る前は何も食べてはいけません。消化は運動の一つとも考えられるので休息して回復するべき時に消化活動が忙しいと修復活動が遅れてしまい疲れや怪我等が治りにくくなります。

朝起きた時に、スッキリしないのはそのためでもあります。