脊柱管狭窄症でも大丈夫かも

脊柱管狭窄症については腰痛のページに書いてありますので参考にしてください。

また、以前書いた脊柱管狭窄症のブログもあります。

 

脊柱管が狭窄(狭まっている)している状態は手術以外では治る事はありませんが、整体で腰を整える事によって間欠跛行(かんけつはこう)や狭窄の症状がかなり改善する事はあります。

 

要は神経が圧迫されての障害なので神経の通りを良くすれば諸症状も緩和されます。

治るわけではないですがほとんど歩くのに支障のない程度になったりするので、わざわざリスクのある怖い手術を受けなくてもよい可能性もあります。

 

 

整体では脊柱管狭窄症は治せるかと聞かれれば治せません!! 

しかし 治せませんが腰痛やしびれを軽快させることはできる可能性はあります。

私の整体では背中から腰、足にかけて動きを整えていき改善を目指していきます。

 

脊柱管狭窄症で現れる症状が随分改善される事はこれまでの経験でもわかっていますが、すでに神経に傷があれば治らない事もあります。

何回か整体をしても改善がないようならば、大人しく医療でとことんやるしかないでしょう。

 

脊柱管狭窄症はなってしまったら一生付き合わなければなりませんので、焦ってもどうにもなりません。時間はかかると思いますが自分に合ったいい治療を受けられるように気長にがんばってみてください。

 

 

もし私個人が脊柱管狭窄症になってしまったら、やっぱりあの病院にいきます。

そしてセルフケアをしていけば大体の仕事もできるだろうと思っています。

でもあの病院の先生も歳ですから後継者っているんでしょうか。もしいないんなら日本中の腰痛患者の希望が無くなってしまう事にもなるのでぜひ存続し続けてほしいですね。