次はいつ来ればいいですか?

「次はいつ来ればいいですか?」

「どれくらいの間隔で通えばいいですか?」

 

このように聞かれる事が最近また非常に多いです。どれくらいの頻度で通えばいいのかは各ページに書いてあったり、これまでのブログでも何回か書いてあるのであえて書く事は無いかと思いますが、こうやって聞かれるのは私の整体後での説明不足から起こる完全なるミスであろと思います。

 

最初のカウンセリングの段階で症状をお聞きしてどれくらいよくしたいのか、とりあえず整体をしてみたいのかをしっかりヒアリングしておけばこのように事はあまり起こらなくなります。

しっかり聞いた上で整体をするわけなのでなお更どれくらいで整体をしていけばいいのかは答えがでやすくなります。

 

それなのにいつ来ればいいですか?と聞かれるようでは説明ができていない証拠になります。

また、私が推測で1回きりだろうなと勝手に思うことであえて説明をしない場合もあり、そのように聞かれる理由でもあると思います。

 

ホームページに書いてある事でもとりあえず最初の時に話をしておく。それが大事なんだなと改めて思いました。

 

実は「この次はいつ来ればいいですか?」という言葉は整体院・サロンではなかなかの理想の言葉とされています。このように言っていただけるのは"次も通うつもりがある"という意思表示みたいなものなのでこの言葉を言われない場合は、整体自体が上手くできていない・何か気に入らない事がある等の可能性があります。

 

私の整体では毎月9割の方がリピートされています。そして毎月1割の方が入れ替わりながら日々進んでおりますので、新規の方のご来院にはあまり力を入れていません。特に宣伝することもなく整体に関しては満員状態であるので無理に仕事をすれば質を落とすような事にもなりますし遅い時間帯では疲れ具合により整体をお断りすることさえあります。

それでも次いつ来ればいいですか?と聞かれまた次もご来院されると言う事は整体屋としてそこそこの成績を残しているからなのかなあと思っています。書くときりがないのでこの辺で・・・。