骨盤ベルトが必要なとき

骨盤ベルトは基本的にはそれほど必要ないというのが私の考えです。

しかしそれは骨盤矯正をしっかりと続けてするというのが前提です。

 

産院でも骨盤ベルト肯定派と否定派がいるくらいなのでなにが正解なのか難しいところもあります。

 

ですが骨盤ベルトを付ける付けないは時と場合です。産後に腰が痛い場合はやはり骨盤ベルトはしたほうがいいです。普段とは違う状態なので保護する必要があります。

 

そ・し・て・・・特別に骨盤が開いている場合も骨盤ベルトはしたほうがよいです。

 

産後すぐに骨盤矯正をせずに半年以上経ってしまった場合は骨盤が開いたまま固まってしまっている時があります。

 

この場合の開きはそう簡単に閉じるものではありません。

 

骨盤矯正で繰り返し歪みを整えたらすぐに骨盤ベルトで締め付ける事をしないと骨盤は閉まりません。多分どんなやり方でも閉まらないと思います。

 

骨盤矯正施術の経験が多ければ多いほど、開き固まった骨盤を閉じる事は簡単ではない事がわかります。

 

とにかくギュッとベルトで一日中閉めるのがこの場合は適切です。

骨盤を整えるスパッツタイプのものがありますが焼け石に水ですね。やるだけ無駄です。

 

時間はかかりますが、産後半年以上過ぎた方でも骨盤矯正は可能なので、ほしみぐさまでご相談下さい。