健康診断

健康診断を受けていないので、期限までに受けるようにと自宅の留守電に案内が入っていました。

 

健康診断はもう3年くらいは受けていないと思います。

 

好きではないんですよね健康診断って。

 

今自分の身体がどうなっているのかを医学的に判断して病気を未然に防ぐ事が目的だと思いますが、わざわざ病気探しをするようでちょっといやです。

 

現在肥満であったり、血圧が高いというのであれば定期的に調べるというのはいいとは思いますが、特別調子が悪いわけではなければ調べる必要はないと思います。

 

歳をとればどこかが痛くなったりするものですから、それを大袈裟に取り扱うのではなく、生きる上では健康も病気も同じラインにいますのでそれを受け入れて生活していくべきです。

 

整体としては本来生きていること自体が健康であり、病気は生きている上での一つの過程とみます。ガンでもなんでも生きていさえすればそれがすなわち健康であるというみかたです。

 

それはいいとして、健康診断になると体重や血液検査の数値をよくしようと一時的にダイエットを始める女性がいます。これは女性特有の事で男性はわざわざ数値の為にダイエットをしようだなんて思いません。

一時的なダイエットはその後何も効果は生みません。それどころかさらに過食が進みさらなる脂肪を蓄えてしまいます。

楽して痩せる事はできませんので、素直に健康診断を受けて本当の健康とは何なのかを考えてみる必要があると思います。

 

整体で健康な状態とは、

左の骨盤が柔軟に動いている事。

右の骨盤が上がっている事。

首が固くなっていない事。

鳩尾が柔らかい事。

丹田に力が入っている事。

 

大きく書くとこんなところです。全てが良好な人はなかなかいませんので、調整しながら健康になるようにしていきます。