性癖は移り変わる

二世タレントが女性に怪我をさせた事件で、そこでしきりに性癖という言葉が出てきますが、性癖は関係ないんじゃないか?と思っています。

 

私の解釈では性癖とはフェチズムであり通称○○フェチとか言われる事であると思っています。

 

たとえば加害者が編みタイツフェチでありたまたまそこで対応した女性が編みタイツを履いていたならば酒の勢いに押されてウワーーと襲ってしまったというのは性癖によるものと判断できます。この場合は加害者は言っていないだけかもしれませんが言わない限りただ襲ってしまったとなれば誰かに性癖が知られる事はありません。

 

性癖というのは性格のようなものでそう簡単に変わる事はないとされていますが、私は性癖は趣味のようなものでその都度変わっていく事があると思っています。

釣りが趣味であってもいつの間にか好きでなくなっていたり、車好きだったのが別にどうでもよくなっていたりすることがあります。

好きであっても性癖は環境により後付されて変化していくのでまた別の性癖が現れてきて今までの性癖は霞んでいき新たなフェチズムに突入していきます。

完全に前のフェチズムが消えるのではなく限りなく小さくなり押入れの奥に押し込まれるような感じです。

 

これは私の考えなので違う意見もあると思いますが、他人に迷惑のかからない性癖ならば個人の楽しみとして活用すれば毎日の活力にもなりますので悪いことではないと思っています。

 

これはフェチとは違いますが、私が普段目がいくのは脚です。

スーパーで買い物していても周りの女性達の脚がO脚になっているのかどうか必ず観てしまいます。テレビを観ていても出ている人達がO脚かどうかばかり気になってしまいますのでかなり重症かもしれません。

そのO脚を観て思うのはどれくらい癖のあるO脚なのかということです。自分で膝を寄せたらグニャーッとつくのかどうかww そんなどうでもいいことを見てしまいます。

 

ちなみに性癖は整体では直接変えられるものではありませんが、裡を観ていけば変わらない事はないと思っています。

それは呼吸から変わり生きることについて考えが変われば裡の方向が変わりますから当然よからぬ性癖ならば人畜無害な性癖に変わるはずです。