産後の寝不足

赤ちゃんがいる家庭ではお母さんは寝不足になります。

小さい子が2人いるとさらに寝不足は加速されます。

 

つんく♂さんも「TIKI BUN」の中で寝不足は寝るしかないといっていますが、お子さんがいる場合は家族の協力がないととてもではないですが、寝る時間が足りません。

寝てもすぐ起きなければならないので、体力的に20代でなければかなり子育てはしんどくなります。

 

慢性的に疲れているためその際はすぐに眠れますから一般的な不眠とは随分中身も違います。

スポーツの世界を観れば一目瞭然で体力を使う競技の全盛期は20代前半です。

そのことから若ければ若いほど子育ては楽にできます。

(これは体力的なことであるので精神面の成熟などは今は考えていません。)

 

ほしみぐさでは「寝ても寝ても眠たい」といった方はよくいらっしゃいます。

それは食欲と同じで自律神経の異常であるため骨盤調整で整えていきますが、この場合の寝不足は自律神経とは少し話しが違ってきます。

 

整体としてそんな寝不足に対してはどう対処すればいいのかは色々な考えがあるでしょうが、とりあえずは「施術中は寝てもらう」ことです。

なるべく相手に話しかけずに休んでもらう事が第一であると思います。

男性は施術を始めて5分で寝る人が多いですが、女性はなかなか男性のように即眠るということがありません。これは男女の違いによるものなので、整体の技術うんぬんというものでもありません。

とにかく私ができることはしばらくの間ですが安心して寝て下さいという事だけです。

 

「産後の骨盤矯正」をしている間は上向いたり横向いたり忙しいので寝ている時間がありませんが規定回数の6回が終われば産後骨盤矯正と同様子連れで来て頂いて、寝不足だと言って頂ければうつ伏せのみの施術で30分することも可能です。

 

赤ちゃんを連れて整体やマッサージ等は大体は断られますが、ほしみぐさでは完全予約制にしているのでウェルカムでお受けいたします。

赤ちゃんは大泣きする子もいますが、それは当たり前の事なので遠慮なさらずにお電話ください。