ほしみぐさは回数券を販売しません

 

基本的には以前からの考えは変わっておらず、整体・足つぼ共に無理にご来院を進めるような事はしておらず、あくまでもご提案としてお話しする程度でした。

しかし、その提案すらもしない時の方が今でも多かったりします。

 

場合によっては続けてご来院をした方がいい時もありますので、その時はとりあえず言うようにはしていますが、それでもあまり精一杯説明はしないようにしています。

 

また、多くの整体院・集客コンサルタントが勘違いしていることで回数券の販売というのがあります。

 

ほしみぐさでも以前はしていましたが、今は全くしていません。回数券を販売すれば買う方からすれば少しお得になり、売る方からすれば回数分の売り上げを確保できるので、売り上げや施術予約のメドが立ちます。

 

私の考えでは回数券で安くするなら回数券なしで最初から安くすれば?という事。ガソリンスタンドでも会員様価格とか言ってますがそれをやめて最初から同一料金にした方が、今よりも来客は増えて利用する人からすれば利便性が上がります。

 

どうして相手目線にたてないのでしょうか?ちゃんとした意味はあるかもしれませんが、私の考えとは違います。

 

回数券を売らなければ通ってもらえないのは、技術と人間性が足りないからです。

だから必死になって通うことの重要性をコンコンと繰り返し半分無理やり納得させてしまうのです。

仮に回数券を販売しなくとも、同様なことです。

 

だから口下手でも全然関係ない。これ本当です。

ちゃんとすることをしていれば、こちらが何も言わなくても「次はいつ来ればいいですか?」「来週の何時空いてますか?」と言われるようになります。

これは信頼されたという証です。

 

今年に入ってから特にこのような状況になり、全く集客には力を入れなくてもいいようになりました。フリーペーパーの掲載は契約があるのでこれからも続けますが、実はもうしなくてもいい位満員が続いています。

 

そして私は疲労がかなり溜まりつつあるので、少しセーブしたいのですが、整体の場合はほとんどが馴染みの方からの電話なので、やっぱり断るわけにはいきません。時間が空いていれば必ず対応しています。まあ当たり前といえば当たり前ですが・・

 

特に職人タイプの男性施術者はお金儲けが下手ですから、あれこれ悩まずに相手を想い、施術だけに集中すればいつかは時間が全く空かない位忙しくなるはずです。

 

補足

特に産後骨盤矯正ですが、赤ちゃんの体調やお母さん自身の体調不良ということもあり、キャンセルだったり途中から通えなくなることもあります。そのような場合、回数券の払い戻しが発生しますので、一回ごとに支払う方が相手の負担がないというものです。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    つのだ (水曜日, 01 6月 2016 21:31)

    お久しぶりです。
    大忙しのようですね!
    いつも相手の立場に立つ、院長の施術が懐かしいです。肩が凝るといつも思い出します(笑)
    お忙しいでしょうが、お身体に気をつけて下さいね♪

  • #2

    院長 (木曜日, 02 6月 2016 12:29)

    心配していました。地震の影響はどうでしたか?
    こちらは地震とは無関係な日々が続いています。
    とにかく頑張っていくしかないと日々やっています。
    またお便り待っています♫