座ると腰が痛くなる

 

最近は腰痛の番組が多くてまた気になることもでてきました。

 

腰の負担についてです。

 

車で長距離運転をすると途端に腰が痛くなるので、運転時の姿勢には特に気をつけなければならないという事ははっきりとしています。

 

 

真直ぐに立った時が  100として

 

前かがみになって立つ 150

 

仰向けで寝る  25

横向きで寝る  75

 

イスにきれいに座る 140

イスに前傾で座る  185

 

ということだそうです。

 

イスにズルズルともたれ掛かったらどれくらいになるのか知りたいですが、疲れた疲れたよっこいしょっと座れば腰の負担は楽になりそうですが、実際は座った時の方が腰には負担がかかります。

 

寝る以外は腰に負担をかけ続けなければいけませんが、それでも正しい姿勢を少しだけ意識するだけでも全然腰痛などは気にならなくなります。

 

正しい姿勢とは骨盤を立てて座ること。これにつきます。それでも1.4倍ですが。

 

整体では正座をすることは骨盤が立って正しい姿勢をつくり、腰痛や膝痛の予防にもなり丹田に力をつけるとされています。これだけでも立派な整体法です。

 

日ごろから正座をすることによって意識が無意識になります。

 

一日10分くらいしてみてはいかがでしょうか。

 

仰向けで寝ると25と書いてありますが、腰の反りや筋肉のつき方によっては逆に腰が痛くなる場合もありますので、そんな方は膝の下に抱き枕やクッションをいれて軽く膝が曲がるようにするとよいでしょう。

 

これは一日二日すれば効果がでるということでもなく一週間二週間と続けていくと効果が出てきます。