美川温泉の効能は安産やリュウマチ等

休みの日には何をしてますか?という話をほしみぐさにおいでの方としました。

 

日帰りで近場の温泉に行っている、ということで色々とお話をしていましたが県内でもたくさんあるものです。

 

私は以前はそんなに近くないですがよく松任CCZにいっていましたが近いというのはやっぱり気軽にいけるものですが、温泉巡りもハマレばハマリます。

 

私も近場ばかりですが数年前はかなり行きました。誰もいない露天風呂なんて最高です。

 

県内で多いのは塩化物泉といってしょっぱくて透明の温泉ではないでしょうか。

 

しかし美川温泉は独特の茶色の温泉です。

 

茶色は海草が溶けて混ざっているそうですが、この泉質は特にツルツルとしています。

 

肌についた感じはヌルヌルといったほうがいいでしょう。

しかしあの色のお湯がエンドレスに湧いて出てくるのだからすごいもんです。

 

美川温泉は 元湯ほんだ と 安産の湯 の二箇所だけです。

 

私が以前行ったのは元湯ほんだですが、

 

効能は アトピー  

    リュウマチ

    創傷

    運動機能障害

    慢性湿疹・角化症

    更年期障害

    卵巣機能障害

    

飲めば 消化器によし

 

吸えば 気管支によしということです。

 

はいるだけでこれだけの効果がみこめるのは温泉のすごい特徴でしょう。

 

これ書いていたら、行きたくなりました・・・

 

肩こり・腰痛がひどい人、毎日イライラする人は、できれば週二回ぐらい利用できればかなり免疫力があがり日々の生活も楽になるんではないでしょうか。

 

整体やマッサージをしたらその日は風呂にはいったらいけないという話がありますが温泉にいくと必ずマッサージ店があります。

 

これをどうみるかですけど、リラックス効果を狙うなら両方してもいいと思います。

 

気持ちよさは体を最高に回復させます。

 

ですが足つぼでもそうですが、お湯にはいるのは先です。それから施術となります。

 

ほしみぐさでは整体の後は軽くシャワーだけにしてくださいといっています。