指導方法 教え方

新入社員や職人を育てる場合に、昔からの指導方法で勝手に見て覚えるということがあります。

 

実際それはそうです、自分で考えて工夫しながら覚えるということが一番大切なんですが、仕事によってはそれは後からすることで、先に全てマンツーマンで一度教えてから、後は個人のなれ(慣れ)とか練習によって経験をつみ自分なりに上手くなっていくのが理想だと思います。

 

私も県外に整体の勉強にいきますが、かなりキメキメで力具合や型・手つき等がありましてなかなか思うようにいきません。そこでは学ぶ人が多すぎて十分に時間がないというのが現状です。

 

毎回よくわからないまま終わることばかりです。それが先ほど書いたことにつながるわけです。

 

色々と私も習いにいきますが、教えるのが上手い人には出会ったことがありません。

 

まあ 私の覚えが悪いのが一番の原因かもしれませんけど。

 

そして今県外での勉強会についてはほとんど睡眠時間がないまま行っているので頭と体がちゃんと働いていないのも理由の一つだとは思います。

 

そういうわけで、私が整体を教えるとすればとりあえず全てを一つ一つしっかりと教えます。

 

その後は個人の個性・感性により変えていくことにより独自性がでてさらに整体というものが発展するのではないかと思います。

 

このやり方だと、相手の性格とかによって教え方を変えるということがなくなります。

 

やさしく丁寧に一つ一つ教える。これが結果的に最短で仕事が上手くなる方法だと思います。

 

当然 覚える人は常に仕事の上達を考えることが前提です。

 

ちよっと愚痴になったようですが、私ならば全ての操法は先に教えます。そして後はあなたのセンスで磨いて上を目指してください。

 

ということになります。

 

しかし、そうではない場合はそれにしたがってやっていくしかないので、それはそれで工夫して仕事を覚えていく必要があります。

 

整体というものに限らず仕事というものは一生学ぶ姿勢であり頂上はありません。

 

たった1つの事でも常に発展していくものであり、極められるものではありません。

 

ましてや、あれやこれやとメニューを増やすサロンなどは愚の骨頂だと思います。

 

一人の人間がするメニューが多ければ多いほど、できることが多いほどレベルは低いと思っています。

 

そして、仕事には上も下もないので、自分のしている仕事がすごいことだとか、世間が狭い人間になることはなく、とにかくがんばりましょう。

 

 

性格の悪い人が書いたようにうまくかけていませんね。もっとスッキリとした文章で書ければいいんですが、これも個性です。 

          

ほしみぐさ院長