成功する願い方

前回 ただ願ってもダメということを書きましたが、うまく願う方法というものがあります。

 

たとえば フェラーリーをポーンと買うようなお金持ち。

 

いきなり億万長者になったイメージをしてもダメで、まず、どうやって大金持ちになったのかということを考える上で、まず、現在の段階から少し上をイメージします。

 

目の前にある仕事や問題をクリアーすることによって自分の能力が上がる心配事がなくなり、心が落ち着くなど。

 

そうやっていくうちに仕事が少しずつこなせるようになり、みんなからの信頼も得て、少しずつお金もたまるようになり・・・・

 

これの繰り返しで力がついて、フェラーリが買えるということになります。

 

イメージするときに大事なことはプラスの言葉、イメージしやすい言葉を使うということです。

 

これは催眠・暗示・セラピーなどでは当たり前になっていることで、心理学にも通じることです。

 

私は負けないより私は勝つ

 

あした雨降らなければいいなよりあしたは晴れるよ

 

今日寝れば明日はよくなるより今日はぐっすり寝て明日には気持ちよく目が覚める

 

いい言葉をつかってなるべくイメージしやすいようにするのがコツです。

 

空想した事が現実につながったり、病気を引き起こしたりします。そしてはるかに現実を超越します。

 

潜在意識にあるイメージと顕在意識はお互いつながっています。

 

ということは、常にいい言葉、イメージを持つことです。

 

そしてできることから実行することです。これが成功法則だと思います。