腰痛はストレスが関係しますがそれ以外も考えなければいけません

 

ストレスはどんな腰痛にも関係していますのでなんでもかんでもストレスで済ませてしまえば話は簡単ですが、それだけでもありません。

 

仕事の姿勢やストレス、体力的なことなどで腰が痛いからと仕事を変えるわけにもいかないので、やはり体操やストレッチ的なことで姿勢を変えていく必要があります。

 

こういったことは腰痛の人が実際に長い間そういった体操などをしてみて結果を実感しなければなにも説明はできないと思います。

 

腰痛でもない人が腰痛の人にさせて経過を観察してもそれはやはり自分では効果が体験できていないわけです。

 

スポーツなどで腰を鍛えるには時間や場所が必要になってくるので大体の人は続きません。

 

手軽にできることがいいのです。

 

そして一生続けるつもりでやりましょう。

 

痛みの何割がはきっと改善されるはずです。

 

・体操

 

・イスに座るときに意識

 

・床に座るときに意識

 

・仕事中でも腰に力を使うときは極力意識するだけでも痛めることは少なくなります

 

わたしは100パーセントの状態に近づけたいなら整体をうけるだけではダメだと思っています。

 

完治を目指すことが最善ですが、大部分の場合はそうもいきませんので、

 

自分でできることは可能な限りして整体もプラスして付き合っていくことが楽に過ごす秘訣だと思います。

 

ごくまれに何年も続く慢性腰痛の場合でも腰痛が感じなくなる場合もあります。

 

腰痛の元(硬けつ・シコリ)が消えたわけでもないのに感じなくなります。

 

痛みの回路が切れたのかどうなのか、不思議ですがそんなクライアントさまもいます。

 

ですがこれは女性です。

 

男性の場合の慢性腰痛が楽になってきても、消え去ったというのは私自身の経験では今現在はありません。

 

腰痛が消えた理由がどんな理由であれ私が携わった人ならば大変うれしく思うので、ぜひ聞いてみたいものです。 

 

またそういった報告が聞けるようにがんばって整体をしていこうと思います。