温める事の勘違い 

身体を整った状態に保つためには「温める」という事があります。

 

これは無理やり温めるということではありません。

 

なるべく体温を利用して温めるといことなので温めるというより冷やさないというほうが正しい解釈になります。

 

首にはマフラーやハイネック 

 

お腹には腹巻き

 

脚にはタイツ・レッグウォーマー・厚手の靴下

 

軽くて身体をしめつけないダウン系の服を着るのもいいです。

 

なるべくならば長時間一部分を熱くするカイロはよくありません。


外気に対して鈍くなって自身での体温調整ができなくなるとも言われています。

 

なるべく軽装で過ごせれば快適ですが、冷えを感じる場合は特に気をつけてください。寒いなーと感じたら時すでに遅しの場合もあります。

 

整体では冷えないように足と背中にも急所がありますのでその部分に輸氣をして調整していきます。