効く時と効かない時

例えば全く同じように腰が痛い人がいたとして、同じ治療家が全く同じ事をしても効かない場合があります。

 

何度も何度も施術していたとしても。

 

強くする、弱くする、そんな事でもなく。

 

捻る、伸ばす、ほぐす、そんな事でもなく。 

 

全く同じ腰椎に異常があったとしても。

 

体力の限界、精神的にパンク状態、性格的なもの、そんなことでもないのかもしれません。 

 

実はすごく簡単で単純なことかもしれませんが、簡単なことが簡単にわからないから腰の痛みもなども簡単によくならないと感じます。

 

病気や怪我ではないから、治りにくいと言った方がいいのでしょうか。

 

病気や怪我ではないから、薬がない。治療のしようがないといってもいいのでしょうか。

 

だから最後の手段に整体を試したいという人もいます。

 

そして 整体というのはいくつものやり方があり、同じやり方でもやり手が変われば全く違うものにもなりますし、実際には同じものはないといってもいいほどです。(チェーン店は別)

 

根本を解決することが難しいので症状と少しでも楽につきあっていく。

 

そんな考えにはやく気が付いた人は痛みがぐっと減り、わりと明るく過ごしているように見受けられます。

 

そしていずれ良くなる日がきたり、ほとんど忘れるくらいになればいいのではないでしょうか。