何のために通院するのか

 男性と女性は来院に対する考え方が全くちがいます。

 

ほしみぐさの事で書かせて頂きますが、男性は腰痛で来られることが多いですが、理由は「一週間に一回って決めているから」です。シンプルです。

 

特に何かを求めるというのではなくていつも行くって決めているからという理由が一番多いです。

 

疲れた場合は早く寝る、風呂に入る、栄養ドリンク飲む、焼肉や寿司等おいしいものを食べるといった選択もあります。

 

女性の場合は「疲れたから」という理由はあまりなく体にある「不快な症状の解決」という事が一番多くなります。

 

だから女性の場合は今、私の身体はどうなっていますかという質問が結構多いです。

逆に男性は聞く人はほとんどいません。

 

病院に通われている方もたくさんおいでになりますが、なかなかそれだけはだめなようです。

 

整体・足つぼは医療とは違った目線で体の元々持っている力を引き出していくものですが、その効き具合は人により千差万別なので、あくまでもひとつの選択として考えてください。

 

一年・二年と長く通われている方の共通点としましては、先ほどからの「行くって決めているから」という方だけになります。

 

仕事をしていれば必ず疲れますのでそれで正解です。間違いはないです。

 

症状緩和でしたら症状がなくなれば当然通わなくてもいいわけですし、他の代替療法を探されてもいいと思います。または複数の選択もあるわけです。

 

自分の体は自分が一番わかっているので自分で判断することになりますが体質などからくるものならなるべく気楽に考えてお付き合いしていきましょう。