首(頚椎)がこっている

首がこっている方も非常に多いです。

 

肩こりとセットで現代症と言ってもいいのではないでしょうか。

 

主にパソコンでの仕事そして家でのパソコンに費やす時間が多いために負担がかかってる場合がほとんどでしようか。

 

パソコン以外では内装業などで上を向いて天井などにボードをはったり表具をはったり、又はユニックなどを使うためよく上を向く動作があったり。

 

首は非常に重たいので体のまっすぐ上にあるのが理想です。

 

スポーツ、事故などでも首を痛めることがありますがそれば怪我の範ちゅうになります。

 

首が痛いとか手がしびれる場合は 絶対に病院で検査です。

 

そのままにしておくと危険な場合もあります。

 

よく行なわれるのが、痛み止めの薬、注射、シップ、牽引。

 

治療器などによる血行促進、です。

 

首の怪我、病気の扱いになり保険がききますのでまずは病院にいかれてください。

 

通常、首がつらい時に考えられるものとしては

 

こり

 

頚椎症

 

頚椎ヘルニア

 

骨化症

 

狭窄症

 

胸郭出口症候郡 など

 

痛みが日々増していて症状がひどいものは、神経を圧迫している部分を取り除く手術になるようです。

 

こりによる首の不調もそのままでいると筋肉の低下から骨棘といわれる骨にトゲができた状態になり頚椎症などにも発展しますから日々の姿勢やいたわりが大事になってきます。

 

筋肉が常に緊張状態になると簡単には、こりがとれなくなりますのでいたわりの部分として整体で悪いところを取っていきましょう。

 

ストレッチに関してはゆっくりと首をまわし痛む部分の手前で止めて逆にまわすなど。

 

強く力をいれずにゆっくりと出来るだけ痛くない範囲で大きく動かすのがよいですが、少し動かすだけでも痛む場合は安静にして動かさないことがベストの選択となります。

 

病院で治療している方・検査をした方がいうには、首が痛く日常に支障があるにもかかわらずあまり親身になってくれないようです。

普段の注意点や運動などの指導は聞いてもウヤムヤにされているらしいので、そんな医者ならばサッサと他のいい医者に変えたほうがいいと思います。

 

医者はどうしてそうなったのかという事よりも症状だけしかみないので答えられないといったほうがいいのかもしれませんが・・・。