首の痛み

昨日テレビでしてましたが、首の神経の圧迫により最終的には痛みとともに動くことができなくなる、という怖い内容でした。

 

上をむいたり、そらしたりを繰り返すことにより頚椎がずれて脊髄という首の神経を圧迫してしまうという事なんですが、確か44パーセント位の人が前後にずれていると言ってました。

 

若いと大丈夫なんですが、加齢により歳をとると圧迫した部分が戻らなくなりそれを治す事はできないという事でした。

 

それ以上の悪化をふせぐには寝るときの枕を適切な状態にして首の負担を減らすしかない・・・と出演のお医者さんは仰っていました。

 

実際に首がこっている方に話を聞くと大体は低い枕を自覚して使っているか、そもそも使用していない場合が多いようです。

 

枕の話は、ほしみぐさでは普通といえば普通の会話ですが、私も枕が合わずに随分枕をかえましたが3年ほど前から西川の肩楽寝というものにバスタオルを重ねて高さ調整をして使っています。枕は固めがいいと思います。

 

整体では首をほぐして、手技をもちいて安全に軽く牽引をします。

慢性的に痛い場合は改善していくまで時間がかかりますから多かれ少なかれ痛みとは付き合う必要があります。

 

これに気がつかない方や絶対に治したいと思っている場合は首を無闇に動かしすぎたりマッサージでゴリゴリしすぎたり、カイロでボキッとしたりして逆に症状がひどくなる場合があります。

首が痛い時は軽く引っ張っても効果的です
30秒くらい軽く引っ張ります

 

普段はなるべく上をむいたりせず、一定の姿勢のままでいないようにしましょう。

タオルを使って自分で首を引っ張るのも有効です。

単純な首こりならば丁寧にじっくりと首のストレッチをしましょう。

 

整体の施術としてはこってる首の筋肉をほぐすことにより楽になっていきます。

また頸椎のズレに関してもアプローチしていきます。