性格とストレス

ストレスについてはその人の性格も大きく影響してます。

同じストレスが二人の人に降りかかっていたとしても、その感じ方は二人とも全く違うこともあります。

 

その人の性格によってストレスを感じてしまっている場合は、自分の我を捨てる。プライドみたいなものです。

 

どうでもいいようなプライドにこだわって人と上手くいかないこともよくある事で、自分という人間はまわりに生かされているという謙虚な心も必要です。

 

いきなりは無理ですから少しづつ色々なことを、

認め

許し

受け入れる

そして、まわりのもの・人に感謝の気持ちをもつ。

 

もし世の中が自分ひとりきりだと何もない 無 の世界です。

 

言葉をはなすことも知らない。食べるものもない。電気もない。服もつくる人がいない。

 

そしてなにより自分はうまれてこない。

 

本当になにもないんです。

 

人がいるから自分もいる。そういった気持ちは大切です。

 

飛行機にのって下を見ると本当に人ひとりなんて小さなものです。見えないですからストレスなんて感じてる場合じゃないんですよ。

自分の人生なんだからつまらない事にとらわれるのは勿体ない。

そう思いません?

 

体でそれがどう表れるか。

神経質の人は大体腰痛になります。

対して、行き当たりばったりで問題が起こるまで何も考えない人は腰痛も肩こりもない人が多いですね。

私が勝手にそう思っているだけかもしれませんがどうでしょうか。